ちいさな神様の間違いで異世界に転生してしまいました

きくりうむ

第38.5話ー???

 白い。どこまでも白い空間に1人の少女がいた。その空間は案外広いのか、その少女が動き回ってもどこにもぶつかることはない。


 「ふんふんふーん♪」


 少女は何が楽しいのか鼻唄を口ずさむ。そして、どこからともなく声が聞こえる。


 「…対象が城に捕らわれるのを確認しました。力を行使し無意識に対象に危害を加えないように誘導も完了いたしました」


 まるで機械的な声だ。この声はどこから聞こえてくるのか…


 「ありがとうございます。いつも仕事が早くて助かります」


 少女はお礼を言った。それはこの声の主に対してだろう。


 「…はい」


 そう言うと、その声の主はどこかに言ったのか、それから聞こえなくなった。


 「準備は少しずつですが、進んでいます」


 一体どうやってだしたのか、少女のそばに白いテーブルと椅子が現れる。


 そして、虚空から現れたティーカップ。中には、赤い色のした液体。紅茶だろうか。少女は口に含み、こう呟く。


 「…おいしい。…すでに邪魔するあの人達はあらかた取り押さえました」


 ティーカップを置くと、カチャンっとちいさく音がなる。少女は立ち上がり手を振るうと、一瞬で椅子とテーブル、ティーカップが消える。


 「…あの子の第1段階の覚醒も確認できましたし、今回で2段階目の覚醒も出来るでしょう」


 「…まぁ…しなくても無理矢理するんですが」そう、少女はちいさく呟いた。


 「ふふ…楽しみですね」


 少女は笑う。子供のように笑う。一体何をしようとしているのか、覚醒とはなんなのか、あの子とは誰なのか。


 …それは全てこの少女のみが知る。

「ちいさな神様の間違いで異世界に転生してしまいました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く