ちいさな神様の間違いで異世界に転生してしまいました

きくりうむ

第29話ー時魔法

 時魔法。はるか昔に存在したといわれる魔法で、禁忌魔法とも言われている。時魔法の適性属性は【時】なぜ、禁忌魔法と言われているのかと言うと、単純に強すぎるからだ。時魔法はその名のいうとおり、時を操れる。自在に、時を止めたり早くしたり、遅くしたりなど、戦闘において、最強の魔法と言っても過言ではない。


 今のこの世界において、時魔法を操れるものはいない。それはなぜなのか。昔の人間達、獣人、そして魔族までもが、時属性に適性があるものを片っ端から殺していったからである。


 属性というのは、遺伝により引き継がれる。親が持っていない属性を子が持つことはないとされている。だからといって、親が持っている属性を全部、子が引き継ぐことはほとんどない。大抵1、2個引き継げられればいいと言われている。なぜ、全部の属性を引き継げられないのかは未だに解明されていない。


 それなのに、ユウは使ってみせた。時魔法を。失われたはずの禁忌魔法を。


 実は、生き残りがいた? そして、その生き残りが子をなし、ユウが生まれた。だが、それならおかしい。もしそうなのだとしたら、なぜユウは私達の目の前で時魔法を使ったのか。もし、親が時魔法の使い手なら、必ず人前で使うなと言われるはずだ。


 なのに、それなのに、ユウは使ってしまった。


 「…あ…あの……?」


 不安と…期待が入り交じったような声をあげる。…これは、違うわね。この子は、ユウは、時魔法が禁忌魔法というのが知らない。


 「シエル、リュミナ」


 「わかってるわ」


 「うん」


 だからなんだ。確かに時魔法は強大な魔法で禁忌魔法だ。今の時代、時魔法の存在を知られても、殺されはしないと思う。どちらかというと、戦争に利用される。それも、対魔族用に。


 「すごいじゃないユウ」


 「えへへ…」


 近づいてきたユウの頭を優しく撫でる。やっぱり笑ってるユウは可愛い。最初会ったときは泣いてる姿だったし、勧誘するときも泣いてたし、王都に行くときだったわね。笑顔になってるのを見たのは。


 「…ん? り、リリィ…?」


 …さらさらできれいで、もちちもちとした頬にちいさな赤い唇…ふふ、可愛い……可愛いわね、本当に。


 「あ…あの……」


 ユウがなにやら焦っているけれどきにしない。それにその焦っている表情がまた…可愛い。


 「ねえ、ユウ。…私といっみゃあ"!?」


 ゴンっと、頭に何かを叩きつけられた。


 「ユウが溶けてなくなっちゃうから終わり」


 「りゅ、リュミナぁぁぁ…!」


 ついにリュミナが手じゃなく、杖が出るようになってしまった。


 「ごめん。ちょっと尋常じゃなかったから」


 「あぅ……あぅあぅ……うぅ……」


 ユウを見ると、顔を真っ赤に染めてうつむいている。…あ、なんか頭から湯気出ているような気がするわね。


 「…なにも杖で叩かなくても」


 まだ、若干頭がヒリヒリするわ。


 「そういうのはお互い合意の上で、ね」


 リュミナがなにやら変なことを言う。


 「なによ。合意の上って。私はただ、ユウの頬触ってただけじゃない」


 頬触わるのになぜ合意が必要なのかしら。まったくリュミナったら、


 「リリィ気づいてないの? さっきユウにキスしようとしてたわよ?」


 「…うっそぉ!?」


 シートを敷いて、弁当を広げているシエルがとんでもないことを言った。…え?


 「…ゆ、ユウ?」


 ユウは顔を真っ赤に染めながら、リュミナの後ろに隠れる。


 そして、その行動こそがすべてを物語っていた。


 ……やばい。嫌われたかもしれない。

「ちいさな神様の間違いで異世界に転生してしまいました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く