俺が異世界の中で最強~神様の粋な計らいは粋すぎていた~

Rover

#37 実験の結果はどうなる・・・?

エミ「もういくら逃げても分かりますよ!もうどんな作戦も通用しません!・・・多分」


エル「それはどうかな?」


まあ現行でやっていことは変わっていない。避けてるだけ。ただその間に水蒸気爆発BOXを作りまくっているだけ。

多分どんなに作ってもムダにはならないだろ。


─────


エミ「いつまでも逃げているばかりじゃ勝てませんよ!それと作戦考え中ですか?」


エル「意味はある!あと少し先見てみな!」


俺は挑発する。どうせバレるし今言うのと後で言うのとじゃかわらんだろ。てか多分今の方がいい。なぜなら


エミ「なんですか?その挑発乗ってあげま・・・?」


エル「気ィ抜いちゃだめだろ!」


エミ「あっ!」


yes!ちょっと気が抜けた。その一瞬を期待していたから丁度よかった。その一瞬の隙で抜けた。


ボグオォォォン!!


エミ「な!?・・・!!何処に・・・」


作戦は成功っぽい。爆発BOXと風魔法でとんでもないスピードになっていて正直俺もどうなってんだか分からない。とりあえずの作戦だったから細かいとこまで考えてなかった・・・。


中止だ中止!こんな作戦!今は勘でどうにかしてるけどもたんよそんな運任せ。


エミ「見えました!・・・いや、何ですかこの視点。エルリアさんちゃんと見えてるんですか?」


???どうゆうこと?何言ってんだろ。


エミ「うわぁ・・・何でこんな上手く爆発起こせてるんですか。この視点で。てか爆発でバレバレですよ」


あっなーるほどねー。後、この言いぐさ俺の視点でもみてんのかな?キッツー。とりあえず止まって次の作戦いこ。


エミ「・・・止まった?でも見えない・・・というかこれなに見てるんですか?」


ボン!とラストに真上に跳ね上がっただけ。そのあと俺の視点で見てるんだから視界は俺のもんだ。エミリアに突っ込めば俺のかちよォ!


エミ「上?いました」


omg。どうすっか。光魔法!


エミ「眩し・・・!」


目くらまし!今俺の視点で見ても真っ白だから関係ない!結構強い!そして・・・


エミ「・・・消え・・?」


光魔法で光を調節して透明に!もっかいチャレンジ!

「俺が異世界の中で最強~神様の粋な計らいは粋すぎていた~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く