俺が異世界の中で最強~神様の粋な計らいは粋すぎていた~

Rover

#36 もう一度!

エミ「危なかったです・・・ですが、もう一度はくらいませんよ!」


やっべー、完ッ全にしくったな・・・どうすっかな。

とりあえず・・・てかさっきからとりあえずばっかだけどエミリアの攻撃が変わるかどうかを見るか・・・。


──────


・・・。あんま変わらない。威力もスピードも。ただ、変わったところがある。てゆーかその変化のせいで威力とかが変わらないことに大きな意味を与えてる。


神眼を使っている。俺は最初しくって神眼使われてもそれ使うから威力落ちんだろ、と踏んでいた。が、甘かった。甘々の甘ちゃんすぎてグラブジャムン(リアルの方で世界一甘い食べもの。確かインドとかパキスタンの食べもの)よりも甘かったぜ。


さってっと、どうすっかな~。ん~~~~・・・。

あぁ、んー無理かもしれないけ、ど・・・。コレしか今んとこ思いつかないなぁ。


俺の考える方法は、シンプルだ。そう、シンプル。もうシンプルすg(ry

未来を視見てても見えなきゃいい。つまりめっちゃ速く動いて見えなくする。風魔法と・・・水と火魔法で・・・いや、炎魔法とあと無属性魔法でいこう。


よし、決まれば行動にうつそう。


俺の考える作戦はこうだ。

まず、無属性魔法で透明な箱のような結界のようなものをつくる。その中に水魔法で水を入れる。そして透明な箱を炎魔法で一瞬で熱く・・・いや、最初から熱くしといて水を入れるか。

まあそんなことをする。


するとどうなる?答えは簡単?水蒸気爆発が起こると思う。そして水蒸気爆発が起こる直前くらいに収納魔法の中に入れる。


ちょっと特殊な収納魔法で、中は時間が止まっている。

そしていくつか作って入れる。


その後に1個ずつ使って爆発と風魔法で吹っ飛びまくる。

吹っ飛んでるときはさっきので分かったけどめっちゃ痛いから風魔法で前の空気は避けておく。圧がちょっとでも減ればいいな。てか減らなかったら多分首いく。


よし、実験だ実験。

───────
ノベルバの方ではなろう投稿後の朝7時に投稿します。(多分)

「俺が異世界の中で最強~神様の粋な計らいは粋すぎていた~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く