俺が異世界の中で最強~神様の粋な計らいは粋すぎていた~

Rover

#32 勝てないもんだ

歪みが一瞬だけ濃くなって人型がボヤっとでる。きっとそのタイミングが重要だ。結構あ・れ・を頻発してたから違和感をもたれているだろう。

最初は避けられていなかったのに避けられる、そもそも俺がケルミュアさんを攻撃しようとした際に一瞬で消えたからとりあえずなんかしているとバレれている可能性が高い。というかほぼ100だろう。


とりあえずはタイミングを見るんだ。どのタイミングで歪みが濃くなるのかを。


エル「うぃ!」


見えた。ずっと見ていたけれど、ナイフを投げるときに濃くなった。何回か確認して確信を持ってから挑みたいが、そんな暇はない。

俺はまた魔力を一気に出す。コレが結構な魔力使うんだなぁ・・・。

やったあとに周りを見る。しっかりとナイフが飛んできた。

俺はそのナイフをギリギリで掴み投投げ返す。


エル「うるるらぁ!」


歪みに当たりかける。ただ、スッと避けられてしまう。

その後も何度も投げるが、一向に当たる気がしない。どんなにステータスが高くても技術には勝てないようだ。なにかしら避けるコツがあるのだろう。


ただ、俺には投げることしかできない。今あ・れ・を使うのは控えたい。どんなに余裕が無くても「当たる」ことが確認出来ない限りはこれ以上勘付かれないようにするためにはな。


そのとき、


カンッ


エル(当たった!?)


投げ返したナイフが歪みに当たる。どうやら読みは違いないらしい。

そのままの勢いでもう一度投げる。その後一気に詰めて歪みが濃くなっている間に魔剣をつくり攻撃をする。


エル「そこだぁぁぁ!」スカッ


あれ?と思ったときにはもう遅く、ケルミュア先輩がナイフを後ろから首突きつけてくる。


ケル「私の勝ち~」


エル「・・・参りました。完敗です」


試合が終わったため、ケルミュアさんと話す。


エル「あの透明なの何ですか?」


俺が今回の試合で1番気になることだ。


ケル「秘密ですよ~。あれは私の基本戦闘法ですからね」


ええええ・・・。まぁ、仕方ないか。そりゃ自分の秘策を人にホイホイ教えるわけないわな。


ケル「でも、基本ナイフなんか投げないですよ。普段はさっきのようになって近づいてバァ~ンですからね」


エル「そんな動きずらそうな服でですか?」


バリバリロングスカートでお嬢様感満載の服である。


ケル「普段の戦闘ではしっかり戦闘服きますよ。なんか・・・こう・・・ピッチリズボンと服と、その上に色々小道具が入る上着きます」


凄い抽象的だな。


エル「なんで今回着てこなかったんですか?」


ケル「説明のとき寝てて聞いてなかったから・・・。だから今回は中距離位で戦ったんです」


なーるほどですね。


ケル「でも、エルくんも凄いねー。なんかめっちゃ速く動くんだもん」


エル「あー・・・まぁ・・・機会があったら説明します」


うん、機会があったらね


ハルア『皆さんの第・・・えーと・・・そう、第六試合がおわったので、次に送りまーす』
────────
今ちょっと忙しいんで投稿間隔少しガバガバになるかもです。まあ二週間くらいで、余裕できたら

「俺が異世界の中で最強~神様の粋な計らいは粋すぎていた~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く