俺が異世界の中で最強~神様の粋な計らいは粋すぎていた~

Rover

#31 無理なものはある

遅すぎ謙信申し訳ない(なろうでも使ったネタ)
名前今度変えるかも
────────
えぇぇ・・・そんなぁ・・・。

やったところで無駄だった。当たらないんじゃああ・れ・をやっても当たらない。そりゃそうか。ただ、


エル「っと」


とりあえず飛んでくるナイフは避けれる。いくら飛んできてもあ・れ・を使えば避けられる。あとある程度は自分だけでも。


そうそう、創造スキルはあの変なヤツが来て、神様と連絡が取れなくなってから大幅に制限された。まず、ステ改変。そもそも出来なくなった(さっき知った)。


ただ、アルフィース家にいたときに近くの森で魔物をよく倒していたからステータスは初期より高い。


元はあまりよくなかったけれど、転生のとき神様がやってくれたのか、めっちゃステは上がってざっとオール60,000越え。オールでみるとだから一つ一つみると100,000とか200,000とかもある。


実は素の状態で激ツヨという。失って初めて気付いたというか・・・。つーか、このステでナイフ避けられないのはよぉ・・・キツいぜぇ・・・?


スキル創造、これも無理。一応魔法は生きてるし、辞典スキル(知りたいことを知れる)も自分の持ってる知識のみでという制限つきで残っていて、後はステ表示。それ以外の創ったスキル全滅(神様と対話後、スキルみたときに神様と通信出来るスキルと一緒に消えてた)。


結構制限されたけれど、物質?物体?生成は残っている。結構制限無しで。しかもモノ以外も創れる。あ・れ・もモノ以外を創れるというのの応用だ。


まあ弱かろうが強かろうが当たらなければどうということははいというもので。

せめて当たればなにか見えてくるかもなんだけどなぁ。


エル「ほっと」


てか、さっきからナイフしか投げてきてなくない?なんで?

・・・よく見るんだ。よく、よく・・・。


エル「・・・・・・・」


歪みがゆらついている。さっき歪みに向かってナイフを投げ返したからか・・・?

俺はこの隙に全身にポーションを使って傷を治した。知らぬ間に傷が治り、刺さっていたナイフが落ちたからか、歪みは更に警戒したように動く。


エル「・・・・・・ふぁ」


俺があくびをした途端、歪みは一瞬で攻撃するか否かを決めたようで、ナイフを投げてくる。


エル「ういっと」カンッ


ちょっと様子見がてらナイフを弾く。


エル「うおっとぉ!?」


そうするとその真後ろにナイフが連なって投げられていて、それは無理だと避ける。


エル「おっ」


避けた後に歪みを見る。するとどうだ、歪みが少しだが人型になっているように見えた。これは掴んだな
───────
短すぎて読めなァァァァい!
申し訳なさでいっぱいだお。
・・・ふざけ過ぎました。また投稿していきます。ただ、以前と違って短いものが多くなるかもです。
遅れた理由、それは少しノベルバ復活にてまどってしまいまして・・・。
アトフォトナトエカナー・・・
申し訳ええええ!
また失踪したら呼んで下さい。きっと来ます。
名前変える理由は特にないです。飽き性なだけ。


「あと1番重要かもしれないこと。それは、なんかこの物語の終わりが見えました。

前々から言っているように、自分、ノリでやってて、この終わりも一ヶ月かそれ以上前にふっと思いついたんで。それ以上でもそれ以下でもないです。

ただ、まぁそんな速攻では終わんないと思いますよ。ノリなんでわかんないですが。とりあえず100話は超える予定です。」「」内はなろうのこぴぺ


やってくぜ!

「俺が異世界の中で最強~神様の粋な計らいは粋すぎていた~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く