俺が異世界の中で最強~神様の粋な計らいは粋すぎていた~

Rover

#26 防衛

さて、次の相手は...


ルノ「あ、エルリア」


ルノか。どんな戦法をとってくるか分からんな。

今回は逃げて逃げて、逃げまくるか。こっちからは攻撃を仕掛けないで逃げるか防御かのどっちかだけで戦って...いや、これは戦うとは言わないか。防衛だな。


ルノがどんな戦法をとってくるか分からない。今後もそういった状況があるかもしれない。なら、相手の攻撃を見極める力を今回は鍛えよう。


ハルア『それでは第三試合始め!』


ルノ「ハァ!」


エル「っと危ねぇ!」


試合開始の合図と共にルノが火魔法を撃ってくる。さっきまでステータスは全部1,000に合わせてたからあれに当たってたら一瞬で消し炭になっていただろう。


何でステータスがオール1,000なのかというと、普段あんなハイスペックなステータスだと何かの拍子にとんでもないことになるかもしれないから低めにしているのだ(1,000が低いというのは個人的な意見である)。


危ねぇ危ねぇ。ステータスは...そうだな、とりあえず50,000位にしとくか。ルノのステータスは分からんが、こんくらいなら全部避けれる位ではあるだろう。

ステータスを見れるスキルを創らない理由は、スキルが色々あり過ぎるとなんか面倒くさそうだからである。


ルノ「惜しい!...まぁエルリアだったら当たっても平然と立ってそうだけど」


エル「ああ、違いねぇな」


ルノ「それじゃこれはどう!」


ルノは次に火・光属性の攻撃魔法を乱射してくる。

火属性は威力が高い属性魔法だけども、スピードはそこまで速くはない。少し工夫すればそこそこのスピードはでるけれども、面倒だから素人とかにはオススメはできない。


光属性は威力は低いが、スピードと持続力がある。火属性は単発で高火力だけども、光属性は線のようなものをを持続的に出したりできる。結界などによく用いられる。


この2属性の組み合わせが面倒くさくて、光属性で誘導してそこに火属性魔法をぶっ放して、といった攻撃を取れる。

でも、2属性以上を同時に扱うのは高等技術だし、魔力エネルギー変換のときに魔力ロスが出たりするから、基本は短期決戦でしか使えずあんまり需要がない技術でもある。


魔法を出すためには、出したい魔法をイメージして、体内の魔素をその魔法の属性に変換。そして体の外に放つために変換した魔素に他の魔素で圧力をかける。そしてやっと魔法といった形で体から放たれるのだ。


で、ロスの出る部分が「魔素に魔素で圧力をかける」というところ。

2つの属性を放つとき、圧力をかける魔素は属性変換時前から圧力をかている。そうして2属性に分離したとき、魔素も2つに別れる。そのままだと別れたときに圧力が半分になってしまう。「ん?」と感じる人もいると思う。電圧ボルトは並列回路でも変わらないから、魔素の圧力も同じなはずだからだ。


しかし、魔素は量で力が決まる。よって半分に別れると圧力も半分になるのである。

で、その圧力を補おうと別の魔素がそこにいく。ここが問題である。そこにいくのが別れた分と同じ量の魔素だったらいいけれど、補おうとすると倍位の魔素がくる。補強のためだ。それで魔法の威力があがれば万々歳だけれど、圧力をかけ過ぎると圧力をかけられている魔素が3パターンの事が起きる。


パターン1、圧力に負け、消滅する。パターン2、消滅まではいかないが、魔素が減る。パターン3、これが一番危なくて、暴発するのだ。

暴発は「体内で魔素が爆発して、良くて怪我程度。最悪の場合その魔法が体の中で発動する。これが攻撃魔法だった場合体は爆発四散」と「体外の見当違いのところに発動する」だ。


ここがロスと高等技術の要因。まず、これが起こらないように魔素に魔素でストップをかける。その方法が魔素同士をぶつけ、消滅させる。これがロスの原因。ぶつけ合うために魔素を操る。これが高等技術の原因。

基本魔素は無意識下において動いている。それを意識して操作するんだ。呼吸を意識してやれといっているようなもんだ。


魔素は無駄にするわ高等テクを使うために精神を集中させなくちゃいけないのとか、実戦で仕える訳がない。例外を言うとすると、元から魔素をロスさせないために、魔法の属性変換から全て自分自身で魔素を操作する、とか。まぁ、理論で言えば出来るけれど、そんなの実戦で使わないし、まずその方法自体集中しないといけないから実戦では使えないから使う奴いないけど。


因みに俺は出来るし、実戦にも使える方法がある。簡単だ。同時に使わなきゃいい。交互にやれば良い。それを高速でやればいい。ただそれだけだ。


俺はルノの攻撃をスイスイ避ける。ルノは光魔法で誘導しようとしているが、俺はギリギリでスイっと避ける。

しびれを切らしたのか、直で火魔法を撃ってくる。余裕ですわ。


ルノ「んんん!もう、なんでそんなに避けるの!」


エル「いや、避けないと負けるだろ」


ルノ「むぅぅぅ!」


どうやらルノはキレ症らしい。それとも俺にだけだろうか。何故か俺にだけ当たりが強いし。


「俺が異世界の中で最強~神様の粋な計らいは粋すぎていた~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー324439

    面白いです!!
    更新頑張ってください((✧σ‪ωσ)

    0
  • ジブリーヌ

    姫様の元(日本で生きてた時)の名前ってどう読むの?

    1
  • 遼コル

    お久しぶりです!すごく待ち遠しかったです。ありがとうございます(*'▽'*)
    これからも楽しみにしてます。頑張ってください!

    0
コメントを書く