俺が異世界の中で最強~神様の粋な計らいは粋すぎていた~

Rover

#Em1 エミリアの想い

「ヘルニア君、ここ教えて!」


「ん?いいよ」


...相変わらずモテてますね。

いいですよね。私の気持ちなんか知りませんもんね。


私はエミリア。この王国の国王の娘です。

そして、前世はヘルニアさんと幼馴染みでした。

彼はいつも笑顔で私とお話をしてくれました。


ですが、彼はそれをみんなにやってました。当たり前です。幼馴染みだからって彼は優劣をつけたりしませんでしたから。

私は彼のことが好きでした。でも、彼は私のことが好きかは分かりません。


まぁ、今となっては前世の話ですからね。私はそれを引きずっていますが、彼はきっと割り切っているでしょうし、そんなこと私が考えていても仕方ないです。


────私はそう思っていました。


私がここに転生してくるときに神様から貰ったスキル、それは『神読』。何でも見れる能力です。

未来も、過去も、そして『人の心』も。

このスキルで彼の心を読んでしまいました。

普段は絶対に人の心は読まないようにしていました。ですが、どうしても気になったのです。

そして、読んだ結果...彼は私のことが好き、ということが分かりました。


私はその時舞い上がるような気持ちになりました。

でも、彼にはなにも言いませんでした。心を読むなんて、自分だったら気持ち悪いと思うからです。でも、とってもうれしかったです。


「なぁ、エミリア」


「はい、なんですか?」


「俺、何でかめっちゃ女子に勉強教えてって言われてて、それを教えてたらなんかめっちゃ男子に睨まれるんだけど、何でだと思う?」


「...あなたって相当鈍感ですよね。まぁ、前世で学校一頭が良くて、運動も出来て性格もスタイルも顔もイケメンだったら分かんないでしょうね」


...もうちょっとアピールしたほうがいいでしょうか、この鈍感な人に。


「俺が異世界の中で最強~神様の粋な計らいは粋すぎていた~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー437532

    エルリアをヘルニアと誤変換してるのは何故か修正されてない

    0
  • 豆腐

    題名的にエミリア告白するのかと思ってたが違った!まだだった!

    0
  • ノベルバユーザー283986

    このカウントの仕方どこかで見たような.........
    そんなことはどうでもいいけどとても面白いので最新楽しみに待っています
    面白い小説ありがとうございます

    0
コメントを書く