俺が異世界の中で最強~神様の粋な計らいは粋すぎていた~

Rover

#21 エミリアの本気

~エミリアVSレドゥリア~

「──説明は以上です。それでは、始め!」


今回はエミリアだな。


レド「よ、よろしくお願いします...。」


エミ「よろしくお願いいたします。」


気の弱そうな相手だな。

女の子なんだけど、ちょっとキョドり過ぎなんじゃ...。


エミ「あなたから魔法を撃ってきて下さい」


レド「うええ!?ひゃい!いきましゅ!」


いや噛みすぎだろ。

それでも、レドゥリアが放つ魔法は強かった。

でも、エミリアは一歩も動かずにそれを魔法の壁らしきもので防ぐ。


エミ「それじゃ、いきます」


レド「は、はい!」


エミリアはそう言うと、ルナ達と同じようにに魔力を集める。

が、それはルナ達とは比較が出来ないほどの魔力だった。

そういや、試験官はクリスタルを見て魔力10,000とか言ってて、ステータスの方をみると100,000だったから、ステータスの魔力とクリスタルに表示される魔力は違うのかと思っていたけれど、こりゃただ単に試験官の見間違えのようだな。

そうしてエミリアから放たれた魔法は、今回の試験で一番であろう威力の魔法を放った。


「勝者、エミリア・ロ・ムンド!」


「「「...」」」


今回は逆に強すぎて反応が無いらしい。まぁ、あの威力魔法を見たらそうなるわな。

俺達はエミリアのもとへいく。


エル「すげぇじゃんかよ。多分今回の試験で一番の威力だぞ」


エミ「私は逆にびっくりし過ぎて何にも反応ができませんよ...。まさか、自分がこんなにも強いとは...」


ルナ「エミリア凄ーい!もしかしたらエルリアよりも強いんじゃない?」


ルナ「多分それは無いよ。エルリアはあのクリスタルを割ったんだから」


ルナ「それもそっか。いや、でもあのときは無意識に魔力を抑えていて...」


エミ「いえ、あのときはしっかりと魔力は出していましたから。エルリアには私も敵いませんよ。」


エル「そうだ、この後ルイス兄さんの試合があるか見ていかないか?」


ルナ「いいね!」


エミ「構いません」


ルノ「僕達がどんだけ強いのか知りたいもんね」


~ルイス兄さんの試合~


ルナ「おお、普通だ。普通の試合だ」


エミ「でも、ルイスさん、手を抜いていますね」


ルノ「そうみたい」


実際、ルイス兄さんはこの学生でもトップの成績を持つ生徒だ。

俺達の強さがおかしいだけだ。

そして、ルイス兄さんはそこそこの魔法を放って相手の結界を破壊してお終いだった。ルナ達の試合を見た後でも、個人的に結構面白い試合だった。

俺達はルイス兄さんのもとえいく。


エル「ルイス兄さん」


ルイス「お、エルリア。僕の試合を見に来てくれたのか。ルナちゃん達の試合と比べるとつまらなかったろう?」


エル「いや、楽しかったよ。逆にルナ達のは呆気なさすぎたというか...」


ルイス「ハハハ、そうかもしれないね。まぁ、つまらない試合じゃなくて良かったよ」


こうして俺達は無事、中級クラスに上がることが出来た。

どうやら、他の優秀生徒クラス奴らも合格して、中級クラスにあがれたらしい。

中級クラスは5つのクラスに分かれている。

明日にクラスは分かるが、ルナ達と一緒のクラスだったらいいな。


「俺が異世界の中で最強~神様の粋な計らいは粋すぎていた~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • Kまる

    誤字が多すぎて全然意味がわかんない…(作品のことではない)

    0
  • ユー

    そこで誤字ってたら意味無いぜぇ。

    0
  • エルス・ギルバート

    何々えドコドコヘなどにつかうときには、にを使った方がいいと思います。

    俺は兄さんのと頃に行った

    1
コメントを書く