俺が異世界の中で最強~神様の粋な計らいは粋すぎていた~

Rover

#11 入学式 後半

「な、なんで女のお前と...。」

「この学園、寮は男女共用なんだよ?何でも、男尊女卑とかの男女の偏見を無くす為だとかで。しらなかったの?」

マ、マジかよ...前世で惚れてた奴と二人で寮生活って...。

「...やなの?」

「い、いや。全く持ってそうゆう訳じゃ無いんだが、俺はそうゆう経験が無いから少し抵抗があるってだけなんだ。」

「ふーん、そっか。まぁ、それは私も一緒だから。それに、お嬢様らしく振る舞わないといけないし。」

「それに関しては徐々に砕けていけばいいんじゃないか?」

「そうだね。まぁ、追々考えていけばいっか。」

「まぁそれは後にして、ルナ達を待たせてるからいくか。」

「え?あ、うん...。二人が良かった。」

「え?何か言ったか?」

「いや、何も言ってないよ。行こ。」

「おう。」

そうして俺達は寮へ向かった。

「おーい。」

ルナ「あ、エルリアー!って、ええ!?お嬢様!?」

「あぁ、そっか...。」

適当に言い訳しておくか。

「さっきの用事ってのは、試験で最優秀合格者だった俺のことが何者か気になっったってこの輝...エルリアに呼ばれたから行ってたんだ。」

ルノ「それにしては長かったですよね。」

ルノか。結構鋭いな。しかし...。

『スキル・意思疎通を獲得しました。』

『エミリア、聞こえるか?』

『え?ヘルニア?』

『今、スキルを創ってテレパシー使えるようにしたんだ。んで、コイツらへの言い訳を考えた。』

『なるほどね。それで、どんな言い訳?』

『それは...。』

ルノ「どうしてこんなに長かったんですか?」

「ああ、それは色々と事情があってだな...。」

「その事情を聞いてるんです。」

「そ、それは...。」

「私がこの方と寮の部屋が同じなため、少しどのような人か気になって話していたんですよ。」

ルナ「え!?エ、エルリア、お嬢様と相部屋なの!?」

「あ、ああ。」

「「...。」」

「...どうかなされたのですか?」

「え!?あ、いいえ。何でもないですよ、お嬢様。」

「そうですか。それでは行きましょう、エルリア。」

「いや、ちょっと待ってくれ。そういやルナとルノはどうなんだ?」

ルナ「え?なにが?」

「何がって、部屋だよ、部屋。一緒の奴は誰なんだ?」

「ああ、一緒の人ね。私達は姉妹ってことで私達で相部屋なの。」

「そうなのか。ルナはいいとして、ルノは男と一緒は駄目そうだもんな。」

ルノ「な、何でですか。」

「いや、冗談だよ、冗談。それじゃ、俺達はもう部屋に行くからな。その後俺は街を見て回ってくるから、また明日な。」

ルナ「あ、ちょっと待って。街を見て回るんだったら私達も行くよ。私達はずっとこの街で暮らしてるから、街を知っている人と一緒に行ったほうがいいでしょ?」

「お、そういやそうだな。それじゃ、お言葉に甘えて。」

ルノ「ちょっと、何で私も行く流れになってんの?」

ルナ「いいじゃんルノ。エルリアを知るチャンスだよ。」

ルノ「知りたくないよこんな人。」

「あの、私もご一緒していいですか?」

ルナ「え”。お嬢様も?」

「ええ。私も今まであまりこの国を見たことがないので...。」

ルノ「でも、それは...。」

「いいじゃんルノ。お嬢様も行きたがってるんだし。ね、お嬢様。」

ルノ「ちょっと何言って...」

「駄目なのでしょうか...。」

ルノ「いや、そうゆう訳じゃ無いんですけど...。」

「それじゃあ行くか。」

ルナ「おー!」

ルノ「ちょっと!?何勝手に決めてるんですか!」

「なんだルノ、お前は来ないのか?来ないなら留守番だな。

ルノ「む~。行きますよ!行けばいいんでしょ!その代わり、お嬢様のことをしっかり見てて下さいよ!さらわれる危険性もゼロじゃいんですから。」

「そういやエルリアには護衛とかいないのか?ルーカスみたいなの。」

「一般常識を得るための学園生活なので、護衛は付けて無いんです。」

ルナ「それじゃ、私達がお嬢様を守ろー!」

「あ、後、お嬢様とゆう呼び方は止めていただけませんか?これも人との付き合い方を学ぶためです。エミリアとお呼び下さい。あと、敬語は要りませんので。」

ルナ「それじゃあエミリアって呼ぶね!あとエミリアも敬語止めなよ。そうした方が親しみやすいし。」

「そうですか?でも、これで慣れてしまっているので、徐々に慣れていくようにしますね。」

ルナ「じゃあ、今から敬語は無しね。」

「わ、分かりま...じゃなくて、分かった。こ、これでいいかな?」

ルナ「うん!良いね!」

「それじゃ、街に行くとするか。」


「俺が異世界の中で最強~神様の粋な計らいは粋すぎていた~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く