俺が異世界の中で最強~神様の粋な計らいは粋すぎていた~

Rover

#10 入学式 中半②

「...いや、もうこの喋り方じゃなくても良いかな。」

「ん?」

え?どうゆうこと?

「エルリア...いや、風。私のこと分かる?」

「へ...?」

ん?俺の前世の名前?なぜ知ってんだ?

「ス、スマン。誰だ?いや、一応その名前はおぼえてるんだぜ?」

「...そっか、まあそれはそうだよね。でも、ここで会えたのも何かの縁。私はエミリア・ロ・ムンド。前世の名は、飯塚 輝夜。」

「...へ?」

飯塚 輝夜。俺の幼馴染みで、前世で告白しようとしてた奴だ。

「マ、マジかよ...。なんでこんなところに...。」

「それはね、私、死んだからなんだよ。」

「...あ~。」

そりゃそうか。

「んで、まぁ色々聞きたいことはあるが、まず、死因は?」

「け、結構冷静なんだね...。」

「まあな。こうゆう時こそ冷静に、だ。」

「そ、そう...。それでね、死因なんだけど...。」

「「神様の誤死」」

「...だろ?」

「...え?な、なんで分かるの?」

オイオイ、マジかよ神様...。

「まぁ、それだけ聞けばもう十分だ。それで、輝夜のスキルは...。」

「ちょ、ちょっと待って。なんで分かったの?それに、そこまで聞けば十分って...。」

「ああ、それは...」

輝夜に俺がここに来た経緯を話した。

「そうだったんだ。まぁ、私も同じなんだけどね。」

「まぁ、今はまず輝夜のスキルを知りたいんだ。」

「私のスキルはね、神読っていうスキル。どんなことでも見れるの。私自身、こういったことは何が良いのか凄く迷う方だから、神様にランダムで決めてもらったんだ。それで、あなたのこと知っている気がしたから、このスキルで風のことを見たの。それで風だって分かったの。風のスキルは何なの?」

「ああ、俺のスキルは創造だ。スキル説明は、簡単に言うと何でも出来るスキルだ。

「な、なにそのスキル...。」

「だから、俺は自分の好きなスキルを創れるし、魔法も創り放題。ステータスも自由自在...」

「え?ステータスって何のこと?」

「...え?ステータスってこういったやつだけど...。」

俺はステータスを表示した。

「...知らないよ、こんなの。」

え?知らない?どうゆうことだ?そういや、試験の時も魔力をクリスタルで調べてたし...。

「ちょっとだけ待ってくれ。」

『スキル・確認を獲得しました。』

このスキルは知りたいことをどんなことでも知れる。

『エリスにステータスは存在するのか?』

『存在します。ですが、通常の場合、ステータスは可視化できません。』

『じゃあ、なぜ俺はステータスが可視化できて、るんだ?』

『それは、スキル・創造によるもので、記憶が戻った時に自動で創られたものです。』

なるほどな。ステータスは俺にだけ付いてるサポート機能みたいなもんってことか。

「どうしたの?」

「いや、このステータスはどうやら俺だけが見れるらしい。」

「そうなんだ。でも、色んな情報が書かれてるね。」

「ああ、戦闘なんかに必要なステータスは全部ここに書かれてる。そうだ、輝夜も見れるようにしてやるよ。」

「本当?ありがと!」

「ほい、もう見れるよ。『ステータス表示』と思えば出てくるよ。誤って出てくることは無いからそこは安心してくれ。」

「分かった。じゃあ、出してみるね。」

そう輝夜が言うと輝夜のステータスが出てきた。


名前:エミリア・ロ・ムンド


年齢:10歳


種族:ヒューマニアン


HP:93,205


MP:100,740


攻撃力:60,022


通常防御力:60,000


魔法防御力:102,921


俊敏性:55,555


精神力:131,217


知力:231,210


その他


【加護】

最高神・ディアレスからの加護


【スキル】

神読


【魔法】

火魔法


水魔法 上水魔法


光魔法 上光魔法


「...風より全然弱いね。」

「いやいや、7歳にしては滅茶苦茶強いからね?それに俺はステータス操作が出来るから。」

「そっか、そりゃそうだよね。それじゃ、私の風の用事は終わりだから。それじゃ風...いや、エルリアって呼んだほうがいっか。それじゃ行こう、エルリア。」

「え?何処に?」

「何処にって、寮に決まってるじゃない。あなたと私は一緒の部屋なの、知らなかったの?」

「...はい?」


「俺が異世界の中で最強~神様の粋な計らいは粋すぎていた~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • Kまる

    これは…波乱の予感っ…

    0
  • ノベルバユーザー267627

    男女同じ部屋なのか…

    1
コメントを書く