俺が異世界の中で最強~神様の粋な計らいは粋すぎていた~

Rover

#9 入学式 中半

「それでは、これから...まぁ、色々やってくぞー。」

入学式が終わり、今はクラス別に分かれている。

俺は優秀生徒クラスというクラスになった。

試験の中で優秀な結果を出した生徒が集まっているクラスだ。

ある程度の基礎知識を学んだ後、中級クラスへ行くことになるクラスだ。

クラスは下級クラス、中級クラス、上級クラス、最上級クラスの四つに分かれている。

普通の合格者は下級クラスから始まる。

だが、優秀生徒クラスはいわゆる飛び級ができるのだ。

だけど、そのためかクラスの人数は7人と少ない。

ちなみに、ルナとルノ、そしてお嬢様は当たり前だけどもこのクラスだ。

その他にも何人かいる。

「まずは俺の自己紹介をしよう。俺の名前はマルク・ディシャーディスだ。このクラスの担任教師だ。よろしく頼む。...この後は何するかは教師次第だから、まぁ、お前らにも自己紹介を行ってもらおう。」

「えー。」

「急だなぁ。」

本当だな。まぁ、コミカルそうな人だからな。

「えー。じゃあまずラーミア・モノル。」

「はーい。」

抜けた声だな。

「このクラスになりましたー。ルーカス・モノルでーす。眠いでーす。よろしくおねがいしまーす。」

なんか妙な奴だな。男か女か分からん、中性的な見た目だな。まぁ、そういった奴はさりげめちゃめちゃ強いのは定石だからな。

「次はルト・メーニャ。」

「はい...。」

うわお。真っ黒なゴスロリ服にクマの人形か。

これまた典型的な強キャラの感じだな。

「...名前、ルト。...。」

そして、ぷいっと席へ戻ってしまった。

「次、マール・カマンベル。」

「はいはーい!」

おお、元気っ子か。

「俺の名前はマール!闘うことが大好きなんだ!ここには強い奴ばっかりだから楽しみだぜ!よろしくな!」

凄い元気だな。少し馬鹿っぽい雰囲気だけど。

「次は優秀合格者であるルナ・アイズだ。」

「はい!」

お、ルナだ。

「初めまして、ルナ・アイズです!皆さんと仲良く出来るように頑張るので、よろしくお願いします!」

おお、まとも。以外。

「次はルノ・アイズ。」

「はい。」

「アイズってことは、ルナと姉妹なのか?」

「ぅえ?あっはい。」

「そうだったのか。まあ、この話は後にして、自己紹介を頼む。」

「はい。私の名前はルノ・アイズです。姉は少々抜けてるところがありますので、よろしくお願いします。」

「ちょ、ちょっとルノ!?何で私なの!?自己紹介でしょ!?」

「あぁ、ごめんごめん。」

ルノなりの冗談だったのだろう。

個人的には少し面白かった。ルナのことを知っているからこそだろう。

「はい、では次。エミリア・ロ・ムンド。」

「はい。」

「しっかし優秀合格者が今年は多いな。」

「私の名はエミリア・ロ・ムンドと申します。現・ロ・ムンド王国の国王、ラッティス・ロ・ムンドの娘になります。以後お見知りおきを。」

なんて上品な挨拶だこと。まぁ、俺はそんなんどうでもいいけど。今後あの堅苦しそうな性格が砕けていけば良いんだけどなぁ。

友達になれればいいな。なんか、知っているような気がするんだよな。あのお嬢様のこと。

...後でなんかスキル創って見てみるか、あのお嬢様のこと。

そんなこと考えていると、何故か俺の方にお嬢様が近づいてきた。

「...。」

また黙りかい。

「あの、なんか俺に用があるの?」

「...あの、えっと...。あ、後でお話しが、あるので、その...。」

話?何だろう...。

「ああ、分かった。じゃ、これ終わって解散になったら話そう。」

「は、はい...。」

「おーい、話は終わったか?それならエルリア・アルフィース、自己紹介をしてくれー。」

「あ、はい。俺の名前はエルリア・アルフィース。今後ともよろしく。」

「しっかし最優秀合格者なんて、ここしばらく出てなかったんだけどなぁ。最優秀合格者は優秀合格者がいて、それよりも圧倒的な得点差出さないと出ないから、基本的に優秀合格者が一番良い合格者なんだぞ?ほんと、何者だい、君は。」

そ、そんなこと言われてもな...。

「はい、えー。じゃあ、何か質問がある奴はいるか?なんでもいいぞー。例えば先生彼女いるのとか。」

「...はい。」

「お、じゃあルト。」

「...エルリア、何者?」

えぇ...。何その質問。

「おお、それは俺も気になるぞ。」

何言ってんだよ。あんた教師だろ、生徒のプライバシー守れよ。

「あー。やっぱ駄目だわ。理由は...しっかり学園長に許可取ってから言うわ。取り敢えずエルリアに関しての質問は無しで。」

...やっぱ学園側にも目をつけられてるな。

「...はい。」

「それじゃあ、他になんかあるか?」

「せんせ~。これは明日でもいいんじゃないですかー?」

「む...。それもそうか。エルリアについても学園長に聞いておく。それじゃあ、今日はこれでお終いだな。それじゃ、寮の鍵を渡すから並べー。」

そうして俺は寮の鍵を貰って、お嬢様のところへ向かおうとした。

しかし、

「エルリア~。一緒に寮までいこー。」

「ちょ、ちょっとルナ!」

と、ルナ姉妹が来てしまった。

「スマン、このあと用事があるんだ。先に寮の前まで行って待っててくれ。」

「えー、そうなの?残念だなぁ。」

「いいよ、ルナ。行っててって言われてるんだから、素直にいこう。あんまり迷惑かけちゃ駄目だよ。」

「お、俺に気を遣ってくれてんのか?」

「ま、まぁそりゃあ迷惑はかけたくないからね。と、とにかく行くよ。」

「分かったよ。じゃあまた後でね、エルリア。」

「おう。」

ふう、ルノが常識人で良かったぜ。

そして俺はお嬢様の所へいった。

「...んで。何の用だ?」

「...じ、実は...。」


「俺が異世界の中で最強~神様の粋な計らいは粋すぎていた~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く