俺が異世界の中で最強~神様の粋な計らいは粋すぎていた~

Rover

#7 結果発表

今日は試験結果発表当日だ。

みんな外に張り出されてる結果表を見て、

「やったぜ!」

「うわぁ~マジかよ。」

等といったい声が聞こえてくる。

こっからじゃ見えないし、割り込んでいった。

「俺は...。ない?」

俺の名前が見当たらない。

もしかして、実技試験やり過ぎちゃった?

不正を疑われたとかかなぁ。仕方ない。このまま家に帰るしかないな...。来年はもっとまともな結果を出すようにしよう。

そう考えていると、

「おーい、エルリアー!」

と、聞き覚えのある声が。

その呼び声と共にみんながこっちを向く。

「ルナか。」

「そうだよ。えへへ、エルリアは凄いなぁ。」

「え?何が?」

「だって、今回の試験で最優秀合格者をじゃん。ほら。」

と、ルナの指の指す先には、優秀合格者と、その上に最優秀合格者という欄があった。

そこはみていなかった。

優秀合格者には...ルナとルナの妹のルノ、そしてエミリアお嬢様の名が書かれていた。

そして、その上にある最優秀合格者に俺の名前が。

「...マジかよ。」

「本当に凄いね、エルリアは。あ、そうだ。門のところに行くと、今回の試験の点数が書いてある紙が貰えるよ。」

「そうか。じゃあ、貰いに行ってくる。」

「うん、じゃあ私はここで待ってるね。」

「おう。」

そうして俺は結果用紙を貰いに行った。

その道中、

「あの落ちこぼれの野郎が最優秀合格者かよ?」

「不正してんじゃねえの?」

「おい、静かにしろよ!この結果がマジで、アイツに聞かれてたらどうすんだよ!殺されちまうぞ!」

といった声が聞こえてくる。いや、別に殺したりなんかしねぇよ。悪口なんてこっち来てから言われ慣れたし。

それに俺は元々そんな暴力は好きじゃない。

そして、門まできた

「あの、結果用紙を貰えますか?」

「はい。ではお名前を教えてもらえる?」

「はい、エルリア・アルフィースです。」

「!!...エルリア君ね。はいどうぞ。」

「ありがとうございます。」

そうして紙を貰って、ルナのところに戻った。

「戻ったぞ。」

「ヘルニア!で、どうだったの?」

「まだ見てない。」

「じゃあ一緒に見よ!あ、ちなみに私の結果はこれだったよ!」


ルナ・アイズ


合計点:242/200


筆記:92/100


実技


剣術:2/50


魔法:142/50


「魔法オーバーしてるし。剣術は点数取れてんだな。あんなんだったのに。」

「あわわ、見てたの!?エ、エヘヘ。剣を振れてたから一応評価はしてもらえたんだ。そ、そんなことよりエルリアのは?」

「ああ、おれのは...。」

_____________

エルリア・アルフィース


合計点:評価基準オーバー/200


筆記:評価基準オーバー/100


実技


剣術:評価基準オーバー/50


魔法:評価基準オーバー/50

_____________

「...なんだコレ...。」

「こ、こんなの見たことも聞いたことも無いよ。何、評価基準オーバーって。実技は分かるけど、なんで筆記も...。」

なんか色々とおかしい結果になってしまったな。

「...ん?そういえばルノはどうした?一緒じゃないのか?」

「...あ、え!?あ、ああ、ルノね。あの子、自分の結果見たら、すぐに帰っちゃったよ。きっとびっくりし過ぎちゃったんだと思う。」

そうか。まぁ、そりゃそうか。一応ルノの実技を見てたけど、剣術そこそこ、魔法はルナよりは劣るものの、十分くらいの威力だったからな。

俺は基準がよく分からないけど。

「まぁ、俺は合格が分かって良かった。そうだ、明日の入学式はここで待ち合わせで、一緒に行かないか?」

「え!いいの!うん、一緒に行こう!あ、ルノもどうにか説明して一緒に来てもらうからね。」

「あんま無理やり連れてくるなよ。俺は別に一人でも大丈夫だから。」

「ううん、いいの。エルリアのこと誤解されたままじゃ嫌だからね。」

「誤解って。俺達知り合って間もないだろ。まあ、お前が良いんだったら良いよ。それでも、あんま無理に連れてくるなよ?」

「うん、分かった。それじゃまた明日!」

「おう。それじゃあな。」

そういってルナと別れた。

明日は入学式。寮生活が楽しみだけど、俺の印象はあまり良くないだろうな...。

まぁ、その時はその時だ。

あぁ、明日は楽しなような楽しみじゃないような...。


~代表職員会議~

学園長「...皆にここへ集まってもらった理由は分かるな?」

???「ああ。」

???「当たり前ですよ~。」

???「他に何が?」

???「...。」

学園長「...分かっているようだな。それでは、これより、『エルリア・アルフィース』についてのことについて、会議を行っていこうと思う。」


「俺が異世界の中で最強~神様の粋な計らいは粋すぎていた~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー276254

    何か失格紋の最強賢者にちょっと似てるなぁ〜

    0
コメントを書く