俺が異世界の中で最強~神様の粋な計らいは粋すぎていた~

Rover

#2 ステータスの力

やっぱり父さん達に見せるのは止めておこう。

このステータスを見たら何言われるか分からないし。

俺はこのステータスと創造のスキルを試しに外に出ることにした。

外に出るためドアを開けようとしたその時、ガチャン、と俺の部屋に入ってきたのは、長男のルイスだった。

ルイス兄さんは3人の兄の中でも、1番優しい。今は学園が休みで帰ってきていたんだった。兄さんは今年で10歳になる。

「ん?エルリア、何処か行くのかい?」

「うん、そうだよ。ちょっと森にね。」

「森に?お前一人でいくのは危ない。僕も一緒に行くよ。」

そうか、そういえば俺のもともとのステータスは一般人以下なんだった。

「うん、ありがとうルイス兄さん。」

俺のステータスがばれてしまうかもしれないが、まあ、ルイス兄さんだったら信用できる。色々な意味で。

「それで、何をしに行くんだい?」

「んふふ、秘密だよ。」

「そうか。だけど、魔物にあったらすぐに僕の後ろに隠れるんだよ。」

「うん、わかったよ。ルイス兄さん。」

もちろん、隠れるわけないけど。だって、強さを確認できないからね。

~フルルの森~

ここは俺の住むとこから1番近い森だ。

「それで、そろそろ教えてくれてもいいんじゃないか?エルリア。」

まあ、言ってもいいか。

「モンスターを倒しに来たんだよ。」

「え!?そんな、あぶないぞ!駄目だ!」

兄さんは優しいな。でも、

「大丈夫だよ。絶対にだよ。」

「何をいってるんだ!駄目だよ!」

兄さんは色々いってくれているけれど、やらなくちゃなぁ。

そうだ、もしものために自動回復もいれておこう。

『スキル・自動回復を取得しました。』

よし、これでいいな。お、なんか強そうなのが来た。

「!!レッドウルフ!ヘルニア、下がってて!」

そうは言われてもなぁ。え、俺の方がっちり捉えてるんだけど。

「ヘルニア!」

「うあぁ!」

なんだ、メッチャ痛いんだけど。取り敢えず...。

「創造・ポーション!」

「え!?」

回復薬を作って速攻で飲んだ。すぐに傷も治ったから、そこで、創造のスキルでステータスを全振りで一万にして更に剣を作って、

「うおおらぁ!」

一発でレッドウルフの首が真っ二つになった。

「え!え!?」

兄さんはめっちゃ驚いているけれど、そんなのは今は説明している暇じゃない。

なぜ、ステータスフルで測定不能にしたのになぜ...ん?まてよ、なるほど分かったぞ!

測定不能はしっかりとステータスを指定していなかったから、もしかしたらHP、防御力が0に近い数値だったのかもしれない。

なるほどなぁ。まあ、分かっただけ良かったとしよう。

「エ、エルリア!ど、どうやってあの、その、あ、あ、あれをこうして!」

「ちょ、落ち着いて兄さん!説明するから!」

そうして俺の創造の能力について説明した。

「そ、そんなスキル、今まで聞いたことも、見

たこともない。どうしてそんなスキルを?」

「ごめんよ兄さん。それは説明ができないんだ。それと、このことは父さん達には言わないで欲しい。」

「あ、あぁ。よく分からないけど、何か事情があるんだな。」

「ありがとう、兄さん。」

やっぱり兄さんは信用ができる。

「まあ、もう今日はこれ以上は駄目だ。またさっきみたいに非常事態が起こるかもしれないからね。」

「うん、分かったよ兄さん。」


「俺が異世界の中で最強~神様の粋な計らいは粋すぎていた~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー333651

    ヘルニア!下がれ!
    声出して笑ったんだけどwwww

    0
  • 黒剣

    このステはやりすぎwww

    0
  • ノベルバユーザー240898

    もうこの際脱腸って呼んでも大丈夫そうだな

    0
  • guju

    ヘルニア!

    ここが一番面白い

    1
コメントを書く