俺が異世界の中で最強~神様の粋な計らいは粋すぎていた~

Rover

#1 俺のステータスは?

たった今、俺は前世の記憶と神様との会話を思い出した。


今の俺の名前はエルリア・アルフィースという名の子供だ。

年齢は5歳。神様もそれ位で記憶を思い出すといっていた。

アルフィース家は男爵で地方貴族だ。

一番低い爵位で、生活に関しては一般人よりまぁまぁ良い暮らしというとことであった。

俺はアルフィース家の四男にあたる。

この世界は『エリス』と呼ばれている。

成人の規定は無いが、一般的には15歳で王国の神殿へ行って神からの加護とスキルを貰うことで就職をしたり、また、学業に就くなどといった道があるそうだ。

学業は必ず行かないといけないものではなく、家庭で社会に出たときに必要なものを各家庭で学ばせる、または社会に出てから学ぶこともある。

だが、一般的に学業に就かせてから社会に出させる。

学問が学べるところに入れる年齢は決まっていないが、普通では10歳からだそうだ。

もちろんギルドに入って冒険者になったりもできる。スキルは料理や鍛冶のスキル等もあるため全員が冒険者向けのスキルをもらえる訳ではないので、全員冒険者になることは出来ない。

もちろん、鍛えれば戦闘向けで無いスキルの人でも十分魔物と戦えるが、それでもこの世界にはステータスという概念があるため、戦闘スキル持ちの人には劣るため、戦闘向けで無いスキルの人が冒険者になる場合は、副業の場合が多いらしい。

だけれど、スキルを複数個持つことも出来る。詳しいことはよく分からない。

そして俺は初期スキル持ち、しかも何でもありのチートスキル『創造』のため、スキルやステータスに限界が無い。

それでも自分の今のステータスは気になるため、ステータスウィンドウを開いた


名前:エルリア・アルフィース


年齢:5歳


種族:ヒューマニアン


HP:27


MP:19


攻撃力:5


通常防御力:7


魔法防御力:4


俊敏性:6


精神力:15


知力:59


その他


【加護】

最高神・ディアレスからの加護


【スキル】

創造


【魔法】

無し


なんかあんまり強くないな、俺。

この世界の平均が分からんからなんともいえないが、兄さんたちもこうなのか?

過去の記憶から考える。

ーーーーーーーーーーーー

「おい、エルリア。」

父さんの声だ。

「なに、お父様。」

「お前はあまりにも弱過ぎる。そんなんじゃまともにたたかえん。」

どうやら俺のステータスはめっちゃ低いらしい。

ーーーーーーーーーーーー

この後言われることが何となく予想がついたから、見ないことにした。

そうか、それじゃあステータスを書き替えて...いや、そのまえにスキルを作ろう。

『スキル・神との意思疎通 を獲得しました。』

なんか聞こえた。多分お知らせ機能みたいなやつだろう。

そんなことは今はどうでもいいから、あの神様に記憶が戻ったことを伝えよう。

『聞こえますか』

心の中でそう言った。そしたら

『誰じゃ、儂を呼ぶのは。』

返事が返ってきた。神様だ。

『僕です。上宮 風です。』

『おお、お主か。どうやってこんなことを。』

『創造のスキルで意識内での会話が出来るようになったんですよ。』

『そうかそうか。今回は何用じゃ。』

『いえ、記憶が戻ったことを伝えようと思いまして。』

『おぉ、すまんのぅ。ありがとうの。』

『いえいえ、そんな礼を言われることしてませんよ。それと、一つ質問があるんですけど。』

『なんじゃ?』

『この『最高神ディアレス』とはどのような神様で?』

『おぉ、いっとらんかったかの。それは儂じゃ。』

『え。』

そうだったのか。あのときは名前を聞いていなかったから知らなかった。

『そうだったんですね。それにしても凄いですね。最高神だったなんて。』

『そんな大層なもんではない。ただ、人一倍生きとるだけじゃ。他にはなにかあるかの。』

『いえ、後は特にないです。あと、これからは一日に一回は連絡をいれるようにします。』

『そんなことせんでも良い。』

『いえ、しっかりと連絡は入れさせていただきます。忙しい中連絡を入れるかもしれませんが、宜しくお願いします。』

『律儀じゃのう。まあよい。ではまたのぅ。』

そうして神様のこえは聞こえなくなった。


これかれの行動はどうしようか。とりあえずはステータスを書き換えておくか。

そのあと、俺は父さんや母さん、兄さん達に会いにいって、色々とはなそう。

────────────────────

書き替えたステータスの方をこちらのほうに載せておきます


名前:エルリア・アルフィース


年齢:5歳


種族:ヒューマニアン


HP:測定不能


MP:測定不能


攻撃力:測定不能


防御力:測定不能


俊敏性:測定不能


精神力:測定不能


知力:測定不能


その他


【加護】

最高神ディアレスからの加護


【スキル】

創造 神との意思疎通


【魔法】

無し


「俺が異世界の中で最強~神様の粋な計らいは粋すぎていた~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー295269

    ステータスに改行多すごな希ガス

    0
  • ノベルバユーザー267627

    書き換えって、途中めんどくさくなって測定不能にしたんでしょ!
    平均より高めに設定するのかと思ってたからびっくり

    1
  • 破壊神フラン

    ヘルニwww(´º∀º`)ファーʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ

    1
  • 春みかん

    ヘルニアとかヤバすぎwww

    1
  • ノベルバユーザー240898

    ヘルニアwwww絶他に狙ってるだろw

    2
コメントをもっと見る / 書く