魔王LIFE

フーミン

58話 プロ

ㅤ中に入ると、身長の低い俺はマッチョマン達に囲まれた。
ㅤ警察が見たらマッチョマン達は捕まるな。すぐ近くに警察いるんだけど……。


「君、凄いねぇ」
「ありがとうございます」
「筋肉見せてよ〜」
「えっと……はい」
「異世界から来たの?」
「そうですよ」
「チュイッターフォローしてるよ〜」
「どうも」


大勢の人に話しかけられるのは流石に慣れてしまった。もしかすると俺は天才なのかもしれない。
ㅤ腕を捲って見える筋肉をマッチョマン達に触られたり、身長を比べられたり。剣を触られたりと、俺はビクビクしながらも余裕な表情を作っていた。
ㅤできれば警察動いて欲しいんだけど、警察達もニコニコと微笑みながら見ている。使えない……。


「そ、そうだ。力比べしましょう!」


たった今思いついた遊びだ。


「じゃあルトちゃん、僕を持ち上げれるかな?」
「それは流石に無理だろ〜」
「やってみます」


俺がその人を持ち上げようと手を腰に回すと、隊員達は静かになった。


「……ふっ!」
「お……お、おぉ!?」


グッと持ち上げられた巨体は、驚いたような声を上げた。
ㅤそのままゆっくりと降ろす。


「「おおぉぉおおおおお!!!」」


隊員達、そして警察達からも驚きの声があがり、拍手された。


「流石だなぁ! 仕事なにしてるの?」
「王女です」
「へぇ〜……へ……?」
「空中都市で王女してます」
「「えぇぇぇぇええええ!?!?」」


魔王とは言えないので、王女だと伝えると更に驚かれた。やっぱり権力者の前では腰を低くした方が良いのだろう。皆の態度が急変した。


「す、凄いですねぇ……」
「ルト様……で良いですか?」
「あの方達は従者ですか?」


はぁ〜気持ち良い。胸を張って偉そうな態度を取れるな。


「ルト様〜! 魔物達が近づいてきました〜!」


しかし、リアンのその言葉でその場の雰囲気は変わった。
ㅤ一気に静かになり、自衛隊は隊長さんの方へ視線をやる。俺もトコトコと隊長さんの元に戻った。


「何匹かね」
「12体です。私達ならすぐに対処できますが、一応知らせた方が良いかと」


リアンは既におにぎりを1つ食べている。あまり戦闘に参加はさせない方が良いだろう。


「魔物とやらの倒し方は……どうしたら良い?」
「人間と変わりませんよ」
「そうか、では銃で大丈夫だな。君達はその剣で戦うのか?」


銃で戦った方が安全策だろう。しかし、魔物と戦うとなると使い慣れた武器の方が良い。


「侍魂。1本の剣で大丈夫です」
「そうか」


隊長さんは自衛隊と警察達の前に向かった。


「これより魔物狩りを行う! とにかく殺せ! 1匹も逃がすな! 流れ弾に気をつけろ!」
「「おおぉぉぉおおおお!!」」


皆が大声を上げると、それを気づいた魔物達が建物の屋根等から一気に現れた。
ㅤ俺達は流れ弾に当たらないよう、安全な場所に立つ。
ㅤ公園内に入ってきた魔物に、他の建物を傷つけないよう正確に撃っていく自衛隊と警察。流石プロだ。


「凄い音だな」
「これが地上の武器……不思議ですね」
「小さな武器の中で爆発を起こして、鉄を飛ばしてるんだよ」


多分、俺達でも当たれば致命傷となるだろう。
ㅤやはり銃を使った方が良かったか。剣1本だと戦いに参加することすらできない。


「魔物の姿が見当たりません!」


どうやら、近くの魔物は全て倒したようだ。
ㅤ公園には魔物の死体、薬莢、そして火薬の匂いが充満していた。


「よくやった! 魔物達もこの住宅街に近づいてきている! 気を引き締めろ!」
「「はっ!」」


う〜ん……このままだと永遠に終わらないよな。


「隊長さん。大事な話があります」
「ん、何だ」
「魔物達はとある場所から湧き続けています。そこを潰さない限り、この街に平和は来ないかと」
「そうか……では敵拠点を見つけなければならないな」
「私達が探しに行きます」


その方が良いだろう。住宅街の中で戦闘になった時は俺達の方が安全に戦える。


「大丈夫なのか?」
「大丈夫です。私達は魔物退治のプロですから」
「力強いな……任せたぞ」
「はい。ミシェル、リアン、行くよ!」


今のところゴブリンしか湧いてこないが、更に凶暴な魔物が湧く可能性もある。その前に一刻も早く見つけ出し、潰さないとな。
ㅤそこに鏡がある可能性もある。


ㅤ俺達3人は、探知魔法で当たりを探りながら走り回った。

「魔王LIFE」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く