話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

僕は異世界召喚され召喚士になりました。

海美 蒼衣

6✣家を買うなら(前編)

 ある日のお昼。
 どこかの飲食店にてどっかの三角関係と思われる糞カップ? が喧嘩していた。

「どういうことなの……」

「どういう事ですか?」

 一人は怒りのオーラを、もう一人は負のオーラをまとい言葉の武器で迫ってきていた。

 そんな状況のど真ん中にいるのがこの俺、海響青葉だ……。帰りたい。

「えっと、俺は契約って言ったつもりだったんだけど……」

「ひ、酷い……」

「泣かないでルル」

 どっかの最低の発言のせいで修羅場となっているこの状況。
(俺、なんも言ってないのに)

「……ぷふっ」

「「!?」」

 笑いを堪えきれなくなったような吹いた声に俺とリタは驚きを隠せないでいた。

「えへへ、結婚出来ないのは残念ですけどきっと私の聞き間違い……かな」

 ルルが笑いながらちょっと悲しそうに言う。

「ルル……」

 リタは何故か( இ﹏இ )していた。

「き、嫌いなわけじゃないからな」

「大丈夫だよ青葉」

続けて

「契約って聞こえてたし……ぷふっ」

•••(°Д°)••は?????

 その言葉を機にこの小さな物語(結婚騒動)は幕を閉じましたとさ。

めでたしめでたし

✣✣✣✣✣

 あの出来事から少しして

「やっぱ、宿より家欲しいな」

 小金持ちになった俺は3人が住める家を求めていた。

「別に宿でいいでしょ」

「いやでも、これから仲間増えるかもしれないし」

「青葉、お金あるの?ルルなら陣に戻れば実質2人だよ?」

「いや、制御……できなくてルルを」

 ルルを俺が制御するにはレベルがあと30くらい増えても無理っぽい。流石、魔神王だな。

「他の召喚獣の親睦深めるのも少し大きい家なら楽だし」

 それから少し時間はかかったがリタを説得しルルにいたってはノリノリだった。

「よし、不動産屋に行くぞ」

 そういえばリタに所持金教えたら驚かれたな……。
 たったの48億と少しなんだけど。
(色々、日本から持ってきた物が高く売れて良かったよ。バカ貴族最高!!!!)

 はい。貴族にレアな物と嘘ついてボッタクリしたらいつの間にか所持金増えてました。

✣✣✣✣✣

「いらっしゃい、何用で」

 俺達は不動産屋にて物件を見ていた。

「家を探してるの、いい所ありますか?」

「おうよ、こことかどうだい嬢ちゃん」

 見せられた物件は安くてボロい小さな家。こんな家はダメだな……ピカーーン!!思いついた。

「オーダーメイドの家は可能か?」

俺の問いに

「旦那、高くつきやっせ……」

と答える店員。
 こいつとは気が合うな。俺の感だけど。

「王城と同じくらいの豪華な家を、予算は20億だ。」

「に、20億!? 旦那、そんだけありゃ王城なんか目じゃねーぜ!!」

 どうやら王城より立派な家を建ててくれるらしい。

「使い勝手を良くしてくれよ。エレベーターつきだ。」

「エレベーターってのは知らねぇが……」

 どうやらエレベーターは無いらしいが説明した所作れるとのことだ。

「楽しくなりそうですね旦那」

「あぁ」

 こうして怪しい2人組の共同作業が始まった。

「ルル、帰ろっか」

「そ、そうだね」

 2人は飽きれて宿に帰りましたとさ……。
(絶対に驚かせてやる)

「俺の楽園への第1歩だ!!!!」

「へいっ旦那!!」




投稿遅くなってごめんなさい。

 今回は前後編に分けて書いていこうと思います。(多分中編も入ります)短めになりますが楽しんでいってください。

お気に入り登録。いいね。コメント。
お待ちしてます。


よろしくお願いします(*´﹃`*)   by青葉‪

「冒険」の人気作品

コメント

  • いとーた

    どんな家が完成するのかな??
    気になるな〜(*ˊᵕˋ*)

    3
コメントを書く