話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

嫌われ者金田

こた

自己中心的

 今日は、クラスで仲の良い人達4人でカラオケに行くことになっていた。
学校が終わり放課後になり「よしカラオケ行くか」と皆で言っていると金田が
「俺も行くわ」
といきなり言ってきた。

別に一緒に行くのは構わないが、金田とカラオケというと嫌な思い出が思い浮かぶ。
それは3話でも話したようにまた「カラオケ3000円事件」が起きないか心配だったからだ。
今日は絶対に何があっても貸さない、そう皆と誓いカラオケに向かった。


確認のために「今日は財布持ってきたか?」と聞くと
「今日は1万あるけ大丈夫」と言っていた。
普通はこれを聞ければ安心出来るのに、何故か嫌な予感がしていた。


その嫌な予感はやはり当たった...

金田を含めた5人で同じ部屋に入り僕は3番目に歌う予定になっていた。
一番最初に金田が歌うことになった。
10分くらいで自分が歌う番になるだろうと思っていたが10分.15分経っても自分の番は回ってこない。というか2番目の人にも回ってこない。

デンモクで履歴を確かめてみると、金田は5曲連続で自分の歌を入れていたのだ。
結局僕が歌うのに20分かかってしまった。

その日、僕が歌った曲は3曲だった。それに対し金田は15曲以上は歌っていた。

普通複数人でカラオケに行ったら1人1曲ずつ曲をいれるものでは?と僕は思う。
それとも自分がいれたいだけ曲をいれるのが合っているのだろうか?
金田のおかげで自分が間違っているのでは?と思ってしまった...




今回はどうでした?
ん〜俺の我慢しなきゃいけなかったのか?
金田が正しいのかな?
もう金田のおかげで色々と分からなくなることばかりですなw
宜しければいいねやコメントお願いします!

「嫌われ者金田」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • 白葉南瓜

    見てて少しイライラした(共感って意味で)頑張ってください!

    1
  • guju

    普通は1人1曲で回していくはず……

    1
  • けん玉マスター

    金田くん音痴そうw

    1
コメントを書く