話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

嫌われ者金田

こた

短気(筆者が悪い)

 まだ金田を嫌いになる前のことだ
僕達はよく友達同士で冗談を言い合ったりする。「おまえ死ねえや」や「消えろ」などと言った相手を傷つけるような冗談ではなく、言われても傷つかない冗談だ。

ある日の数学の時間、金田が簡単な計算をミスしたことがあった。その時に僕が笑いながら「馬鹿やん」と言うと、金田は「馬鹿じゃねぇし!」と物凄く怒ってきたのだ。

こういう簡単なミスをした時などは笑いながら冗談で「馬鹿やん」や「アホやん」などと言ったりするのだがまさか金田がキレるとは思わなかった。

その時に僕は思った。なんで冗談なのにキレるんだ?この位でキレるなよと思ったが、それでも金田は「馬鹿やん」という僕の言葉に傷ついたのだ。
この時は本当に反省した。自分は冗談のつもりでも相手が傷つくことがあるんだと。

この日誓った。もう人が傷つくような言葉は絶対に言わないと!
この時ばかりは本当に金田に申し訳なかった。






みなさんどうでしたか?
自分も性格が悪いんです。皆さんもこんな経験ないですか?
意見あればコメントお願いします


「嫌われ者金田」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー254463

    だからそれお前やん

    3
  • こた

    ありがとうございます。

    3
  • ノベルバユーザー254827

    応援してるぞ、頑張れ!

    3
コメントを書く