話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

嫌われ者金田

こた

咀嚼音

ある昼休み、僕は友達と昼ごはんを食べていた。そこに金田がいきなり入ってきたのだ。まあいいやと思い昼ごはんを食べていると、
「くちゃくちゃくちゃ」と何か音がするのだ。なんの音だ?と思い隣に居た金田を見てみると、口を閉じず口を開けながら食べていたのだ。

その音を15分くらい聞かされて最悪な気分になった。

咀嚼音だけではなく、食べ物を持たずに刺して食べるのだ。
食べ方も汚いし、食べる時に出る音も汚いし、本当にこんな奴とご飯を食べたくない。

と思っていたが、次の日もその次の日も僕が食べていると金田が入ってきて、ここ最近最悪な昼ごはんの時間を過ごしている。

金田に言いたいが、何か言いにくい。なので僕が食べてる時に入ってこないでほしい。
 






皆さんはどう思います?こんくらい許してやれよ?とか思います?
僕が間違ってるのかな?
コメント待ってます

「嫌われ者金田」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー299737

    近くにそういう人いますよね

    3
  • こた

    永久はかわいそw

    3
  • けん玉マスター

    ご飯の時だけじゃなくて永久に口閉じてて欲しいw

    3
  • こた

    ですよね

    3
  • 美浜

    口は閉じて欲しいですよね。

    4
コメントを書く