話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

嫌われ者金田

こた

バスケ

 いつも昼休みにはバスケをすることが多い。そこには誘ってもいないのに金田がいる。まあ一緒にするだけならいいのだが金田は元バスケ部ということもあり、調子に乗ったプレイをするのだ。シュートが入るならいいのだが、シュートが全く入らない。

シュートが入らないだけならまだ許せる。1番許せないのが、パスをしないのだ。1人でボールを運んでいきそしてシュートを打つのだがやはり入らない。
他のバスケ部の人達は素人の僕達にボールを回してくれたり、僕達がやりやすいように気を遣ってくれ、皆が楽しめるようにしてくれているのに、金田だけはずっと1人でバスケをしているのだ。

なので、金田がバスケに来ない日などは本当に楽しい。
明日からでも金田には普通のバスケをしてもらいたい。

「嫌われ者金田」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • 亜蓮

    こんな人よくいるわw

    2
  • こた

    みなさんありがとうございます。

    2
  • guju

    共感出来る面白さがあって俺はめっちゃ好き!!

    5
  • ノベルバユーザー254827

    ウザさ要素に欠けるなぁ、これまでならまだ「目につく奴」程度

    3
  • こた

    分かってもらえて嬉しい

    12
コメントをもっと見る / 書く