タナトスの剣

隆醒替 煌曄

序章-0.語り

 世界の片隅で誰かが言った。


「世界は理不尽で満ち溢れている」


 と。


 あなたは、理不尽というものを知っているだろうか?


 この世界に存在する、どうしようもない不条理。圧倒的強者と敗者の間に生じる、愉悦と絶望。


 敗者は、何をどう足掻こうと、その殆どがその『理不尽』に負ける。そう、は。


 あなたも、創作物を見たことがあるのならば、ご存じだろう。よくよく、それらの主人公はその『理不尽』に立ち向かう。


 しかし、現実が全てそうとは限らない。いっそ、それに投げやりになって、人生そのものを諦めようとするものも少なくはない。


 結局何が言いたいのかというと、理不尽とは、少なからず存在する、ということだ。


 これから綴る物語は、かつて世界に存在した、英雄たちのように、1人の少年が、仲間たちとともに理不尽に立ち向かった物語。1度くじけた少年が、死を乗り越えて、世界の不条理を壊す物語。

「タナトスの剣」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く