は・み・る・な日常

リーズン

~~白亜の日常2~~

「・・・汚された」 


「朝っぱらから人聞きの悪い事をーーー」
 

 現在私は澪、瑠璃と共に学校へと続く道を歩き、学校と書いて地獄と読む所へと、さながら処刑台に赴く囚人の様に向かっていた。


 はぁ、いい天気だーーークソッ!いい感じに照らしやがって眩しいよ! 


「お前朝から自然現象に喧嘩売るなよ」


「何も言ってませんよね!?心読まないでいただけますか?!」


「お前が分かりやすいのが悪い。と、言うか瑠璃そろそろ戻ってこい」


 澪のいう通り、瑠璃はなぜか先程からずっと上の空だった。


「つーか、何でこいつは朝っぱらから、こんなにツヤツヤしてんだ?」


(・・・知らぬが花だな)


「何か言ったか?」


「いや、何も?」


「???」


「ハーちゃん?」


「何?」


「帰ったらチャイナドレスに挑戦をーーー」


「何の話ししてるんですか瑠璃さん!?」


「ハッ!旧スクの方が良かったですか?!」


「私は新スク派だ!そっちを要求させて貰うとしよう」


「どっちも着ませんよ!?」


「「え~」」


「何なのコイツら!頭湧いてんの?!」


「まあ、良いじゃないか。コスプレ撮影会くらい」


「更にハードル上がってね!?私みたいなモブじゃ無く澪や瑠璃で良くね?!」


「じゃあ、みーちゃんとハーちゃんのコラボレーション撮影会ですね!!」


「さらっと混ぜられた!?」


「いや、だからやらんて!!聞いて!私の言葉!会話のキャッチボールッ!とても大事!ねっ!」


「大丈夫です。私とハーちゃんの間には、言葉何て無くても想いは伝わってます!婦警さんのコスプレですね?」


「良し。それで行こう!」


「いかねーよ!?欠片も伝わってないよね?!」


 そんな風に話しながら通学路を歩いていると、学校が近付いて来た為かチラホラと、制服姿の人間が増えて来る。そしてそれと共に私の口数は減っていく。
 そんな私達に、正確には澪に向かって何人かが挨拶をし、近くに居る私達にもついでに挨拶が飛んでくる。


「おはようございます会長。彼方さんと士道さんもおはよう」


「あぁ、おはよう」


「おはようございます」


「えと・・・おはよう・・ございます・・・」


 私の尻すぼみになる挨拶でも嫌な顔一つせずそのまま去っていく。


 ほっ、いい人っぽくて良かった。


「・・・お前、そろそろ私達以外ともマトモに話せるようになれよ」


「うう・・・だって怖い」


「もうみーちゃん!ハーちゃんはこれで良いんです!」


「瑠璃」


 私は瑠璃のその言葉にヒシッ!と、しがみつき感謝を表す。


「甘やかすなよ」


(ハーちゃんは私達だけ居れば良いんです)


「ん?何か言った瑠璃?」


「いえ、何も言ってませんよ?」


(ヤバイ聞こえてしまった)


「ん?」


 私は後ろで何か聞こえた様な気がして、澪に振り返ると何か恐ろしい物を見た。と、言う感じでおののいて居た。そして、それを見た瑠璃が何故か知らないが背筋が寒くなるような笑顔で「・・・みーちゃん?」と呟くと、澪は首が飛ぶんじゃ無いかと思うほど首を横に振っていた。


「どした澪?」


「いや、聞こえて無いならいいんじゃ無いか?」


「そうですよハーちゃん。ハーちゃんは何も気にしなくて良いですからね~」


 何故だろう?最近瑠璃の言葉を聞くと背筋が寒くなる時がような?気のせいだよね?うん、気のせいだ!そうに違いない!


 私は何故か自分に言い聞かせるように納得しながら登校を続ける。


「こらこら、何処に行こうとしてる」


「マイ、ハイスクール?」


「いや、そこはゲーセンだからな?」


「いやいや、かつて賢者と迄呼ばれた私の学校はここだよ?」


「そうかそうか、じゃあ次はマジックなアカデミーじゃ無く高等学校で頑張ろうな」


「い~や~」


 必死に抵抗するも簡単に引きずられ連れていかれる私。非力です。しかし、本格的に学校が近付き生徒が大量にポップしてきた為、しょうがなく自分の足で歩いていく。


 だって、見られたらただでさえモブの分際でこんな目立つ二人と居るのに、その上澪に手間かけさせてたらなに言われるか分かんないじゃん!


 そんなこんなで、遂に学校の正門が目視出来る距離まで来てしまった。


「今からワンチャン賭けて隕石落ちないかな?」


「そのワンチャンは難易度高すぎるだろ・・・」


「うう、今日も監獄学校に来てしまった」


「ハーちゃんは本当に学校嫌いですね」


「澪、瑠璃、もうHPが無くなったから宿屋自宅に帰って良い?私・・・頑張ったよ?」


「学校の中にすら入らず何言ってんだこいつ?」


「頑張りましょうハーちゃん!まだダイレクトアタックは受けてませんよ」


「いや、受けたら問題だからな?」


「いや、ここに来るまでの攻撃朝の挨拶でもうHPが無い。それに私にとっては自宅以外の場所は歩くとダメージがーーー」


「どんだけだよ!」


「行きますよハーちゃん」


 そう言って私の腕を引いていく瑠璃。そして私は抵抗するもやっぱり引きずられて行く。非力です。クソッ!非力なこの身が憎い!鍛える努力とかしないけどな!!


 こうして私は今日も監獄に収容されるのだった。


「帰りたい」


「まだ下駄箱ですよ」


「ダメ人間」



「は・み・る・な日常」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く