ゴブリンから頑張る神の箱庭~最弱からの成り上がり~

リーズン

明日から頑張ろ

 目が覚める。

 どうやらちゃんとした所で寝かされていたようだ。

「っと……」

 若干ダルさの残る頭を振ると、まだ回復しきっていない体がフラリと揺れ、再びベッドに沈み込む。

 うーむ。ああ、そっか、血を吐いてそのままお互いに頭ぶつけ合って気絶したんだった。

「おはよ。ハクちゃん」

「ソウも居たのか」

「うん。私も今まで寝てたからね」

 そう言って顔を出したソウは、私よりも遥かに元気そうだ。

「いやー、二人共ちょっとはしゃぎ過ぎたね」

「だーね。つってもそっちはもう大丈夫そうだね?」

「まあ、同じオーバーヒートでも私は元からの病気の方だから慣れてるしね」

「病気……ああ、沖田総司のか」

「そっ、やんなっちゃうよね。どうせならこれくらいなくなってくれれば良いのに」

「神になっても無理なのか?」

「流石に力を完全に解放すれば大丈夫だよ。さっきみたいに中途半端だとダメだけど。我ながら厄介なシンボルがくっついてるもんだよ」

「シンボル……なるほど」

 沖田総司と言えばまず頭に浮かぶのは、美貌の若き天才剣士であること、そして若くして病魔に冒されていたことの二点だ。

 本人がシンボルと言ったように、恐らくはその有名なエピソードごと神格化してしまったのだろう。

 不死身のアキレウスがかかとが弱点であるように、背中の一点が弱点であるジークフリートのように。

 エピソードが強力だからこそ神としての力は増す、その代わりエピソードに弱点などがある場合、それすらも自身の中に組み込まれてしまうのだろう。

「だいたいハクちゃんの思った通りかな」

 私の表情から何を考えているのか察した本人からその通りだと正解を貰う。

 いやだから、そうやって人の心を読むのはやめて欲しい。

「でも沖田総司って肺結核だろ。昔から体は弱かったけど流石にそこまで悪い感じもないよね? それにそれって私達の時代ならなんとかなったんじゃないか?」

「あー、残念ながら私の場合は無理かな」

「そうなの?」

「うん。ほら、私って性別からしてフィクションよりの性質じゃん?」

「確かに」

 それ故にソウは、沖田総司とは違い病弱という設定だけが強く出ているのだそうだ。

「それに病気は私自身に紐づいてるものだから、現代医療でもこの世界の道具とかでも治せないんだよ」

「それはまた……」

 神にもこんな弱点があったのか。

 神話や逸話。

 それらがあることでより強い信仰が得られて強い神になる反面、それらに明確な弱点、死因が伝わっていればそれが打倒のための足掛かりにもなるわけか。

「そうだよ。だから私の病気ぐらいだったらまだ軽い部類に入るんだ」

「なるほどね」

 私達が思っている以上にやはり制約が多いようだ。

「それにしても、ハクちゃんの鬼の力は厄介だったね。あれがハクちゃんの鬼術?」

「うん。鬼海きかいっていうらしい。効果は体験した通り不定形の物質化した力に【破壊】【脆弱】【貫通】をそれぞれ付与したもの」

 単体で武器にも出来るし、武器に纏わせ武器自体の性質をプラスすることも出来る。
 更には通常の徒手空拳にも使えて、防御にも使える汎用性の高い鬼術だ。

 その反面、効果自体は抑え目となっているが、付与された力が力なだけにそこまでのデメリットは感じない。

「まあ、確かにそうだね。特性を防ぐ為にはハクちゃんの鬼海以上の力で打ち合わなきゃいけないのに、それでも特性のせいで普通よりも多く力が削られる」

 ソウの言う通り、鬼海を防ぐに私が使うよりも大きな力で抑え込むしかない。

 しかし鬼海に付いている特性がそれだけでは許さない。

【破壊】【脆弱】【貫通】がそれぞれに、打ち合う度に働き、相手の力を少しづつ削いでいくのだ。

 そのせいで相手の力の摩耗は通常よりもかなり早い。

 単純に一時間戦えるはずが、三十分しか持たなくなって、それが鬼海を下回ると一気に瓦解するのだ。

 更には攻撃も防御も鬼海の硬さは私が込めた力によって変わるので、今後私が強くなればその辺の武器や防具よりも丈夫な装備にもなる。

「うん。ハクちゃんにはピッタリな成長型の力だね」

「我ながら都合の良い力が手に入ったもんだよ」

「鬼術は本人の願望、欲する物や理想から紡がれるものが多いので、白亜さんの場合はああいった形になったのでしょう」

「うん。今まで全く姿もなかったのにいきなり現れて普通に会話に参加するのやめようか。ビビるわ」

「メイドですので」

「それだけで許されるほど万能じゃないからなメイド!?」

「いえ、メイドこそ至高ですが?」

 くっ、相変わらずなんで元女神の癖にここまでメイドに傾倒しているのか。

 いきなり会話に参加して来たテアは、素早く私の頭に手を当て熱を確認。次いで脈を測り、瞳孔のチェックと手早く済ませ、果物をカットし始めた。

 相変わらずのメイドである。

「どうぞ」

「ありがとう」

 メイドとしては優秀なんだよなぁ。

「ありがとうございます」

「だから……もういいや。それで、鬼術は願望から発現するの?」

「ええ、鬼術だけに限らず、固有のものはだいたい自身の願望か性質、歩みが形になるものが多いですね。それが秘めたものか、願うもの、自身すら気が付いていないものの場合もありますが」

 なるほど。必ずしも自覚しているものの中から都合よく発現する訳ではないのか。

「それにしても、ようやく鬼の力も安定してきましたね」

「……これで力に破壊される心配はなくなった感じ?」

「ええ、ここまで来れば大丈夫でしょう」

「そうだね。後は地道にコントロール出来るように頑張るだけだよ」

 それが一番面倒なんだが。

「さて、それではここまで安定したなら、私から一つ教えたいモノがあります」

 ゾワリとしたので思わず身構える。

「そんなに警戒しなくても大丈夫ですよ」

「本当に?」

「ええ」

「もしかして天蓋てんがいですか?」

「そうです」

「天蓋?」

 なんぞそれ? また知らん単語が出て来た。

「一言で言えば力の防御膜です」

「ほう」
  
「ハクちゃんは体が脆いからね。いつか教えようって話になってはいたんだけど中々ね」

「何か理由が?」

「天蓋は神の技術なんで習得難易度が高いんですよ。前に鬼神から習った高鬼鋼があるでしょう。あれに更に違う力をプラスした上位互換と言えば分かりますか?」

 一気にどれほどの習得難易度がわかった気がする。

「そんなん出来るの?」

「ええ、白亜さんなら大丈夫でしょう」

「相変わらずどこから来るのその自信?」

「白亜さんはシルフィンに何度も攻撃を仕掛けているので、感覚は他の人と違ってわかっているからです」

 ああ、あいつの結界か。

「正確に言えば結界を超えた最終ラインですね」

 そう言って私の手を握る。

「目を閉じて集中してください。今私が触れている部分、そこに薄皮一枚力の層があるのが今の白亜さんなら分かるはずです」

 目を閉じ言われた通りにそれを探る。

 すると確かに、触れ合う肌と肌の間に薄らと一枚、何か隔てたような感覚がある。

 そしてそれを知覚した私が、更に集中すると薄皮一枚しかない力の層が、底知れないほど深く圧倒的な壁となっている感覚に陥る。

「何これ?」

 目を開けて思わず訊ねる。

「感知出来るだけ上等です。今度はこれを修行と並行して覚えて貰います」

「これは防御力に左右されない力の層だから、性質は結界に近いしハクちゃんには向いてるよ」

「確かにそうっぽい? これって霊力を主軸に色んな力が混ざってる?」

「ええ、だから神の技術なんですよ」

 霊力を自在に操れるのは神の条件だ。

 確かにそれなら神の技術と言ってもいいのかもしれない。

「今日はここまでですね。後はゆっくりと休んでください」

「いいの?」

「ええ、白亜さんが自覚している以上に疲弊していますからゆっくりと休んでください」

「そうだね。ハクちゃんはゆっくりしてるといいよ。また夕飯の時に起こしに来るから」

 二人はそう言うと部屋を出ていく。

「はぁ〜」

 またもバタンとベッドに沈み込み手を翳す。

 遠いいなぁ。

 ソウは今回神の力を解放したとはいえ完全にではなく、その力を使うのに結界の中という制限があった。

 神の力がなければ皆も危なくなる可能性は高いのに、まだまだ圧倒的に足りてない。

 同じように倒れてもこうして寝込んでいるのは私だけ。

 目指す場所は遠く、目標は遥か高みにある。

 守りたいものは多く、そのための力が圧倒的に足りてない。

「はぁ〜、才能ねぇー……よし」

 起き上がり頬を叩く。

 現在地を確認して嘆いたらそれでお終い。

 どう足掻いても嘆いても自分の位置は変わらないのだから。

「明日から頑張ろ」

 それでもやれることがない今は、明日の自分に全て任せて眠る事にした。

「ゴブリンから頑張る神の箱庭~最弱からの成り上がり~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く