ゴブリンから頑張る神の箱庭~最弱からの成り上がり~

リーズン

刀刃前鬼

 あれはついこの間、ダンジョン攻略の後、目覚めた時に気が付いた。

 血戦鬼との戦闘の最後、レベルが上がった事を思い出し、動くのもダルいからと確認したら増えていたそれ。

 その名も【護法鬼ごほうき】。

 スキルを使う事で、前鬼と後鬼という名の眷属召喚が出来るスキルだ。眷属召喚は自身のMPを使って召喚が可能な眷属で、例え殺られたとしても時間さえ経てばまた復活出来るメリットがある。
 デメリットは一度殺られてしまうと、再召喚出来るようになるまで長い時間が必要な事をくらいだ。

 ちなみに両方とも名前の通り、前鬼は攻撃力と防御力に優れた前衛タイプ。後鬼は味方の援護に秀でた後衛タイプ。

 そしてこのスキル。普通とは違う特殊な使い方も出来る。

 それが自身の種族が鬼種の時に、自身に鬼種の配下が居る時、その配下に【護法鬼】のスキルを使い強化出来るというものだ。

 メリットは元から存在している為、MPを使った召喚をしなくてもいい事、普通の魔物と同じように成長して強くなれる事、自立行動が出来る事、復活が出来ない分、元となった鬼の強化値が高い事だろう。

 そしてデメリットはMPによる復活が出来ない事、自由意志がある為、こちらの意に沿わない行動を取る可能性、何よりもスキルを使う事で使われた本人がどうなるか確証がない事。

 つまりスキルの影響が今のユエという人格を侵す可能性があるのだ。
 その結果、今のユエが居なくなる。

 その結果まで含めて私が話し終わるとユエはやはり考え込む。

 当たり前だ。自身が変質する恐れがあるなんて言われて軽々に判断なんて出来るはずがない。

 一応、このスキルに詳しそうな鬼神や駄女神にも確認はした。その結果、大丈夫なはず……と歯切れ悪く返答は貰っている。
  だがその歯切れ悪くの部分こそ、私が……いや、私達が一番懸念するポイントでもあるのだ。

 その理由が私のスキルだから。

 現在、私の中で私のスキルこそこの世界で一番信用出来ないもののトップにある。

 神達ですら把握、予想が出来ない我がスキルさん達。
 しかもこの世界で時折生まれる新スキルを定期的に生み出し、その最先端を突っ走り、獲得している本人すらも騙そうとしてくる油断出来ない存在である。

 一応事前に一人で、もう騙されないぞ! とか、正体を現せ! とか、独りで寂しくやって黄昏たりはしたのだが、それでも信用という一点については油断ならない。

 実力はわかっているし、今の所あんまり害はないがそれがずっと続くとも限らないのだ。

 警戒するに越したことはない。

「白亜さんはなぜ今になってユエにこの話を?」

「なぜ……かぁ」

 テアが質問に一拍置いて言葉を整理する。

「一つは今回の件。ユエ自身が感じたように、もしもこの力が最初からあったら変わっていたかもしれないから」

 今回はたまたま私がなんとか出来た。

 しかし次も同じように出来る保証は何処にもない。

 そうなった時、私は果たしてその結果をしょうがないの一言で片付ける事が出来るだろうか?

 その答えはノーだ。

 手に出来るかもしれない力があった。それを告げる事なく、無惨に散ったら私は私自身を許せない。

「それともう一つ」

「もう一つですか?」

「うん。それは私自身が目の前に同じ選択があったら、その可能性に手を伸ばすって事」

 私なら少なくともそれを選ぶのは自分の意思でありたい。そう思う人間が渡す気があるのに、本人になんの確認も取らず、勝手に危ないからと判断するのは違うと思ったからだ。

「と、言う訳で遅まきながら今話す事にした」

「なるほどそうでしたか」

「まあ確かに、相手が渡す気があると言うのなら、わしも自分で選びたいと思うな」

「そっすね」

「決めた。あるじお願い、ワチを強くして欲しい」

 私の言葉がユエの原動力になったのか、理由を話し終えるとユエは、しっかりとこちらを見据えながら頼んできた。

 うん。やっぱりこの子もそういう子だもんな。

 納得。

 その言葉がしっくりと来るほどにはユエの事を知っているつもりだ。だからこそ私も他の子ではなく、ユエにならこのスキルを使っても良いと思ったのだ。

「後悔はないね?」

「うん。あるじの事を信じてる」

 どっちに転んでも。

 私になら全てを委ねられる。口にしないが伝わるその言葉に、微かなプレッシャーと心地いい信頼を感じながら準備に入る。

 やること自体は簡単だ。

 お互いに向かい合った状態で立ち。ユエに手を当てながら私が鬼力を込め、スキルを使用すれば良いだけ。

 注意点となる事は一つ。

【護法鬼】は、一番最初に呼び出す時の鬼力の量によって強さが決まる。
 一度呼び出せばそれ以降にスキルを使うと、その最初に呼び出す時に使った鬼力を同じだけ使い、眷属召喚をする事になる。
 だから最初に全ての力を使って呼び出すと、それ以降成長がない場合、毎回一気に力を全て使う事になったり、大事な時に召喚する事が出来ないのだ。
 だがしかし、そうは言っても込める鬼力を少なくすると、眷属として呼び出す【護法鬼】は相応に弱くなる。
 しかもその上書きは出来ないとくれば、慎重にならざるを得ない。

 それに引き換え配下に直接このスキルを使う場合、必要となるのは初回の一回のみ。しかも鬼力の了解に応じて、強化値も高くなるのだから、全力を出した方がお得なのは言うまでもない。

「ふぅー……」

 大丈夫。色々と信用出来ないスキル達だが、本当に私にとって不利益な事はなかった。だから今回も、私が想像する最悪にはならないはず。

 そう考えながら息を吐き、集中を高め、体内の鬼力を練り上げる。

 暴力的な紅い衝動。

 力そのものが身体の中をうねり、食い破り這い出ようとする。

 そんなモノを抑え込むなんて無謀な事はせず、ただ流れを作り、ゆっくりとそれでいて迅速に、氾濫しそうな力を激流の川のように全身に満たし、その力を一気に右腕に集中させていく。

「───ッ!?」

 目の前のユエがその力の圧力に身体を強ばるせる。

 当然だ。今はまだ私の方がユエよりも強く、これ程の鬼力をユエはまだ練り上げる事が出来ない。

 暴力的な力の奔流。熱さえ感じる程の力の塊に本能的に体が動いたのだろう。

 しかし私も、今ユエに構う程の余裕はない。

 チラリと視線を合わせ合図を送ると、ユエもそれに気が付き、真剣な顔でこくりと頷き返す。

「我が眷属よ。我が力を受け入れ、新たなる姿を示せ【護法鬼】覚醒!」

 瞬間、右腕に集めていた力がユエに注ぎ込まれ、ユエを紅い光が包み込む。

 そして……あれ? 終わり?

 紅い光に包まれたユエは、一瞬少しだけ浮き上がり、浮遊状態になったと思ったら、すぐにストンと地面に降り立った。 

 いや、うん。なんか思ったよりもアッサリ終わったけど失敗とかしてないよね?

「終わりっすか?」

「地味なの」

「やめてくれます!?」

 そのツッコミは今とても刺さるの!

 とはいえ少し不安になり、こっそりと調べてみると種族名が刀刃前鬼とうじんぜんきに変わっている。どうやらちゃんと成功はしているようだ。ホッ……。

「……凄い」

 呆気ない終わり方にあたふたしていると、ユエの呟きが聞こえ皆の視線が集中する。

 見た目に変化はほとんどない。強いて言えば頭の角が少し大きくなっているくらいだ。
 人形然とした意識の希薄さも感じない事に少しほっとする。

「えっと、どう変わったのか分かる? てか、ユエは変わらずユエ?」

「うん。大丈夫。あるじが心配してたような事はない。どうっていうのは説明しづらいけど、あるじの力が全身に満たされて力が溢れそうな感じ」

「ほほう」

 確かに目の前のユエからは私自身の力を感じる。

 これは私の力にまだ順応しきれてない、消化中みたいな感じかな?

「確かに力が一気に上がった感じじゃな」

「そうだね。今の状態でこれなら、ハクちゃんの力を完全にモノに出来ればもっと力が上がりそう」

 皆の意見もだいたい私と同じようだ。

 そんな風に観察していると、何を思ったのか自分の角を鷲掴みしたユエが、思い切り自分の角を引き抜いた。

「うひゃい!?」

 思わず変な声が漏れたが、目の前でいきなりこんな事されたらしょうがないと思うの。声こそ出さなかっただけで、皆も絶句してフリーズしてるし。

「えっ、刀?」

 びっくりしながら角を見ると、その手には角ではなく刀が握られている。

 どうやらこれが刀刃の意味のようだ。

 まだ力が馴染んでいないこともあり、どんな能力かも分からないがこうしてユエはパワーアップしたのだった。

 あれ? これ本当にその内あっさり実力抜かされるのでは?

「ゴブリンから頑張る神の箱庭~最弱からの成り上がり~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く