ゴブリンから頑張る神の箱庭~最弱からの成り上がり~

リーズン

私だけじゃ無かったよ!

 朝飯の後のステータス確認を終えた私は現在フープ兵の訓練所に居る。


 と言っても、別にあの後直ぐって訳じゃ無く昼飯も食べた後何だけどね?


 朝飯後の午前中は皆と一緒にテアとヘルさんによる常識の勉強会だった。


 まあ、今回は初回と言う事で軽くだったけど、それでも私の知らない事だらけで、本当に常識が無いのだと現実を突き付けられた気分だった。ぐすん。


 そして、そんな常識の勉強で分かったのは、この世界の情報伝達手段がほとんど無いと言う事だ。


 識字率の低い世界では大衆に知らされる情報も全て人伝の伝言に依る物のみ。


 そんな中で本なんぞ作った所で読める人間はほとんどいない。


 しかもだ、私が提供する以前の紙は滅茶苦茶高い。その為町等に図書館何て物があっても、汚すだけで高額な賠償金を払う可能性も在るならそんな物は誰も読まないのだ。


 まあ、そんな訳でコロの故郷の図書館で読んだ本は、歴史や伝承何かだったらちゃんとした物だが、地図になるとかなり高値で取引される様な物なので、あんな図書館何かに在る地図は周辺は詳しく書いてあっても、遠くに行くほど小さい町、村等は書かれず大きな国、聖国や王都みたいなでかい所しか載っていないそうだ。


 しかも、遠いほど縮尺も狂ってる何て思わなかったよ。まあ、あの地図フープも書いて無かったしね?


 それにテア曰くこの世界、何と大きさは地球の約3倍程の大きさらしいんだよね?いや、びっくりだ。まあ、ドラゴンとか魔人とか悪魔まで居るんだからそれ位でかい方が良いのかな?


 でも、もう一つわかった事もあった。意外な事に常識が足らないのは別に私だけの事じゃ無かったと言う事。


 アクアは言わずもがな、アリシアも私と会うまでは姉と二人、外界との接触を極力絶って生活してたらしいし、エレオノ、コロは言い方は悪いが住んでいた場所が田舎だった為情報に疎かった。


 私だけじゃ無かったよ!


 そんな訳で私の仲間は私程では無いにせよ似たり寄ったりだったのだ。これには澪も呆れていた。


 考えて見れば私の仲間に純粋な人間って少ないから、人間の領域の常識は疎いみたいね?それでも私の常識力は圧倒的に低かったけど。無念。


 そしてもう一つ教えて貰ったのは、魔法の基礎に付いての事だった。


 この世界、皆魔力自体は持っていても魔法として扱えないのは結構居るそうだ。特に昨日も聞いた通り獣人は魔法が使えないのがデフォルトらしいんだよね。


 その代わり身体能力はエグい位高いらしいけど。魔法に使う分の魔力まで効率的に肉体強化に使えるのだとか?まさかの脳筋種族らしい。


 色々とやって来る相手も怖いけど、一つを突き詰めた強さを持ってるのは在る意味もっと怖いよね。


 そして、魔法が使える種族でも中には才能が無くて使えない者も居るのだとか。


 それは特に平民に多いらしい。


 その理由は魔力に在る。


 貴族等は魔力を代々受け継ぐ家系が多いそうで、逆に平民はたまに突出した魔力をた持っていても、魔法として使う事を習わないので使えない人が多いそうだ。


 貴族が魔力を持っているのにもちゃんと訳が在るしね?


 当然と言えば当然だが、平民でも冒険者や兵士になり強くなる者は居る。特に兵士として武勲を立て騎士にでも取り立てられれば、活躍次第では貴族に成れる。そして貴族として貴族の子供が生まれるんだから、そりゃー貴族は魔力持ちが多い訳さ。


 まあ、そんな訳で平民は魔力量が少なく、魔法の使い方も知らないので持っていても使えない人の方が多いのだそうだ。


 更に言えば、レベルアップとかで魔法を覚えない人間が、魔法を覚える為には幾つか方法が在るらしい。


 その一つが魔道書の存在。


 魔道書は書いてある文字自体が読んだ人間に作用する物で、その人間に才能があれば超初心者向けの簡単な魔法なら使える様になるんだそうだ。


 そしてもう一つの方法が呪文だ。


 呪文は私の考えていた通りイメージの補強の面が強いらしい。だから同じ魔法でも人によって呪文が違う。


 で、特に初心者様の魔法は簡単に一節目が属性、二節目が形状、三節目が効果、四節目で魔法名を唱え呪文を組むらしい。


 一般的な物で各属性のアロー系が練習として良く習われるのだとか。因みに一例としては『火よ属性』『矢となりて形状』『射し穿て効果』『~~アロー魔法名』これが一般的に教えられるアロー系の呪文らしい。


 あくまでも基本の形だから絶対では無いらしいけどね?精霊魔法とかだとまた違うらしいし。


 また、レベルが上がり魔法の威力を上げたり効果を増やしたりするのは、この呪文に更に独自のイメージを載せた呪文を追加する事で行うのだそうだ。


 更に、一度放った後効果を付加する事を【改変魔法】と呼び中々難しい事らしい。


 因みにアリシアがファイアアローを爆発させたりするのはこれに当たる。


 まあ、テア曰くに言わせれば才能任せのゴリ押しらしいが。


 この時アリシアが少し落ち込んだので頭を撫でて挙げたら、顔をふにぁ~と緩ませていたのが可愛かった。しかし、何故かそのとき瑠璃とシィーから脇腹をつねられたのは理不尽だと思う。何故つねられたのか解んないし?


 話を戻すが、基本のこの呪文を唱える事で魔力の流れを把握して、魔法の発動を覚える事が出来ればその内魔法を覚える事が出来るのだそうだ。


 才能無ければ出来ないけどね?


 因みに私はオリジナル魔法を作っているが、テアに言わせると、これまた方程式が要るような問題を、途中式全部すっ飛ばして答えだけ出している様な感じだと言われた。


 それと、魔法を使う時に出る魔方陣。やはりアレがシステムの一翼を担っていたらしい。私にはまだ読めないけど、あの魔方陣に書かれている模様やら文字やらが、固定の呪文の役割をしているらしい。


 だからこそ、大型の魔法を射つ時は魔方陣も相応にでかくなり、それでも補いきれない分を詠唱するのだそうだ。


 あの魔方陣は女神のシステムだがアレを解析して改変出来れば色々と楽しいかも?


 まあ色々と言われたけど総括すると、魔法はシステムを使えば魔法名だけで効率的に使用は出来る。だけど決まった事をやれるだけで、強い相手には読まれ易く避けられる可能性が高い。


 逆に呪文はイメージと魔力の制御さえちゃんと出来れば、アローの矢の数を増やしたり威力を上げたり、はたまたオリジナルの魔法等も作れる様になる。


 その代わり制御に失敗すると、暴発や魔力だけを失う結果になったり。呪文自体が長くなる為邪魔されるとキャンセルされる事もある。との事だった。


【無詠唱】のスキルは普通はその呪文を省略する物だが、この世界では魔法名を省略する為の物らしく、呪文と同等の威力や幅を持たせたい場合は、頭の中できっちりと詠唱すれば同じ事が出来るとの事だった。


 まあ、速さ重視はシステムを、威力やバリエーション重視したいなら呪文をって感じだね?


 まっ、そんな午前の授業を受け昼食にはフープ特産のモロロと言う、プチトマトの様な形をした物が入ったサラダと、クワッカと言う鶏肉の様な料理、後は野菜が数種類入ったスープを食べた。


 牛も良いけど、異世界に来たんだからご当地料理は食べないとね?


 モロロのサラダはシャキシャキとしたレタスの様な野菜エンリが旨く、モロロも口の中で噛むとジュワッと口の中に酸味が良い感じに広がり、エンリのシャキシャキと良く合っていた。


 クワッカはシンプルに塩と胡椒で味付けされていたが、これまた素材が良い為口の中で肉汁が広がりそれを塩と胡椒が引き立てていた。


 残念だったのがスープだ。


 一言で言えば薄い。この世界の味付け実はスープに関しては皆味付けが無いのだ。その理由はこの世界では出汁を取ると言う事をしないらしい。


 野菜をスープに入れても肉を入れても、クタクタになるまで煮込んだらそのスープを捨てて、その材料を使ってスープを作るのが一般的らしい。


 これは他の煮込み料理も一緒だった。


 この世界の物は味が濃い為、基本的に料理はシンプルな味付けの物が多いのだ。だからこそスープを飲んだ時は愕然とした物だ。因みにウチではスープの出汁をちゃんと取る様にしている。


 最初は皆このやり方に疑問在りまくりだったけどね?でも、一度出汁を取ったスープを飲めば出汁の無くなったスープ等飲みたいとは思うまい。そんな訳でエルザ達は出汁の取り方をマスターしている。


 今後はテアが居るから更に料理が旨くなってくれる事だろう。


 因みにアイギスが何故スープを放置したのか?と聞いたら、王族や貴族は基本的に魔法の練習と政治、歴史の勉強、書類仕事等をする物で、針仕事や炊事等には手を出せないのだとか、しかも下手にああして欲しい、こうして欲しいと言えば料理人の首が飛びかねないのだ。


 王族や貴族ってマジ面倒。


 でも、スープや煮込み料理に関してはその内何とかせねばならんね。


 午前中のそんな事を思い出しつつ、私は現在皆と一緒に訓練所に居たのだが、何故か貴族様に絡まれて居たのだった。


 今回は何にもしてないんだけどな?解せぬ?



「ゴブリンから頑張る神の箱庭~最弱からの成り上がり~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く