ゴブリンから頑張る神の箱庭~最弱からの成り上がり~

リーズン

「快眠最高・・ゴブ」

 作戦会議から帰った私とヘルさんは会議の内容を全員に伝える。


 そんな感じか~。ヤベ、デバイスがあればもっと詳細に、とか思えてしまう。


「ところで先から説明はヘルさんがしてるけど、ハクアはやっぱり寝てたの?」


 やっぱりとか何て言いぐさだ!


「そんなわけないよ?」


「いや、何で疑問系」


 全くエレオノは失礼だな。


「開始五分で寝始めました」


「わぉ、普通にバラされた!?」


「あぁ、やっぱり。皆と多分そうだろうって話してたんだよね」


 何て失礼な奴等だ!そんな会話を人の居ない所でするなんて。そういうのがイジメに繋がるんだよ!イジメよくない!


「だってハーちゃん、基本授業は八割寝てましたし」


「あの頃は私も若かった」


「一年以内の思いでですよね?」


 私、過去は振り返らない主義なのだよ。


「ま、まあとにかく何が起こるか分からないから、出来る限り直ぐに起きて動ける様にしておこう」


「あっ!誤魔化した!」


「分かりました。では今日はもう解散ですか?」


「そうだね。じゃあフロスト達は横のに移動ね。もし何かあった場合は、ここが壊されている時は踏み込んで」


「壊れておらず外が騒がしい場合は入口付近の死守ですね」


「よろしく」


「分かりました。では皆さん、結衣おやすみなさい」


 オイコラ!さりげに結衣ちゃんを特別扱いとか得点稼ごうとすんじゃねー。


「はい。おやすみなさいフロストさん」


 フロスト達が出て行き私達は寝床の準備に取り掛かる。


「エルザ達どうかしたの?」


「・・・・いえ、ハクア様はこれを野営と言い張るんですね?」


「何かおかしい?」


「あはは、まあ確かに野営の寝床では無いですね」


 なん・・・・だと・・・。


「いや、そんななんだとみたいな顔してもその通りよ。こんなのミミの家よりずっと豪華よ」


 マジか!?何がおかしい?


 私は準備が終わった寝床を見直して考える。


 私の空間魔法やマジックバックから出した敷き布団に、マットレス、そしてここ最近まともな家が手に入った事で、上質な眠りを高めたくなり新たに作った、鳥形モンスターの羽根で作った羽毛布団に羽毛枕。


 うん、不思議な所は何も無い。一般家庭レベルだよね?


 因みに、この羽根を持つモンスターは弱く、メイド組に訓練がてら退治して集めてもらった。その為メイド組も少しだけレベルが上がっている。


「何処かおかしい?」


「・・・・普通、野営何て簡素なシーツと掛ける物が在れば良いくらいよ。貴族でもここまで多くは持ち込まないと思うわよ」


「えっ?マジで?」


 ミミの言葉に私は思わずこの中で一番貴族寄りの生活をしていたエルザに聞く。


「そうですね。貴族なら簡易ベッドくらい持ち込みますが、冒険者はそのレベルですね。それより上の王族や国の指揮官とかなら、豪華なベッドを持ち運びますね」


 マジか!?これ貴族並みか。いやでも私、一年中機械の力で快適な温度が保たれた中で育って来た現代っ子だからね!地面に寝るとか緊急時以外は嫌なんですよ!?それにほら、昔から慣れ親しんだ物はやっぱり必要だしね?


 えっ?過去は振り返らない。誰だそんな事言った奴!過去は人間を形成する上で大事な要素何だから大切にしないとね!


『シルフィン:軸がブレブレですよ』


 うるさいよ駄女神!


「快適に越した事は無い!!」


「まあそうですね」


「確かに私達も出来ればちゃんとした布団で寝たいしね」


「流石にこればかりはご主人様の言う通りですね」


 これだけですかアリシアさん?


「うむ。我もこのウモーブトンが良いのじゃ。ふかふかで朝も暖かいのじゃ」


「快眠最高・・ゴブ」


 アクアさん?既に少し寝てません??


「あはは、ボクもこの布団使ってからは他のは嫌かな」


「私も、国にこの布団が欲しい位です」


「帰る時あげるよ」


「本当ですかハクア様」


「もち」


「ありがとうございますハクア様」


「私達も嫌と言うわけでは無いですよ。ただ、これは野営とはもう言えないレベル寝床ですけど」


「これ以下には絶対に下げない!」


「また、力強いお言葉で」


「ハーちゃんですから」


「皆さん、明日も早いですから早く寝て下さい」


「「「「すいませんでした」」」」


 このパーティー、ヘルさんに怒られると皆素直だな!?


 因みにヘルさんは眠る必要が無いので見張りを頼んである。そして私達は装備を枕元に置き、直ぐに動ける様にだけして寝むりに付くのだった。



コメント

コメントを書く

「ファンタジー」の人気作品

書籍化作品