ゴブリンから頑張る神の箱庭~最弱からの成り上がり~

リーズン

ハクア&クー&瑠璃&結衣あらすじとハクア&メイド組の次回予告

「は~い、毎度お馴染み何故やっているか分からない、あらすじ紹介の時間です」


「自分で言っちゃった!?」


「と、言うよりも何で投げやり何じゃ?」


「えっとアリシアさん曰く、前回の引きで明らかに先輩が狙われてたらしいので、それを聞いてからこんな感じらしいです」


「「あ~」」


「だって何で私、毎度、毎回、何時だって、なんでこんな死にそうな目に会わなきゃいけないのさー!!絶対おかしいだろ!私、元ゴブリンだぞ!何で毎回魔族に狙われるんだよ!!しかもグロスに至っては、もう既に名指しだよ!止めろよ実力違い過ぎんだよーーー!!」


「ハーちゃん落ち着いてドードーね?」


「よしゆい。主様はるりに任せて早くこの場を終わらせるのじゃ!何に巻き込まれるか分からん」


「そ、そうですね」


「と言う訳であらすじじゃ!スケルトン祭りを終えた主様達は、修行も兼ねて鉱山の更に奥へ。そこで過去に封印されていた、強くて賢い魔王の我と遭遇、対峙する事になる。そして」


「腹パンで黙らせスキルで下僕に」


「うぐ、思い出したら腹がまた・・・・・」


「こ、ここからは私が、クーさんを仲間にした白亜先輩は、竜車に乗りアリスベルへ。そこで行き倒れになった勇者事、私を拾います。そして白亜先輩に助けられた私は、一緒にアリスベルに向かいました。そこで私は、はぐれていた仲間と合流して、一度先輩達と別れます。その後私と別れた先輩は、ギルドに向かうと・・・」


「そこで私、彼方 瑠璃と運命の再会を果たして末永く幸せに暮らしました。めでたしめでたし」


「るり!いきなり出て来て終わらしてどうするのじゃ!」


「私は言いたい事終わったのでハーちゃんの相手してますね」


「流石主様の親友、本当に自由じゃな!まあよいのじゃ。更にるりを仲間に加え、魔族との戦いに向けダンジョンで修行する中、主様は十商カーラと友好を結び、家と資金源を手にいれる。そして主様は、カーラにヘルのボディとなる物を手にいれて貰い、何とヘルは念願のボディを手にいれる。時を同じくして、ゆいは危機に陥ってしまう。それを予期していた主様はゆいを助けに行き、そこでゆいと共に召喚された勇者と対立する!だが、勇者のギフトに苦戦しながもなんとか勝利を納める主様達」


「その後更に私とフロストさんを仲間に加え修行を続ける中、カーラさんとは別の十商、コルクルの怒りを買い誘拐されてしまう先輩。しかしそれは先輩の立てた計画の一部でした。知らず先輩の手の平の上で踊らされていたコルクルは、先輩により破滅に追い込まれ投獄。そして先輩は協力者だったコルクルの娘であるエルザさん、エルザさんのお友達クォーターエルフのミルリルさん、月兎族のミミさんをメイドさんとして仲間にしたました」


「そして我、アクア、主様は進化を果たしたのじゃ。その後、事後報告のためギルドに行った主様達は、そこでリクレス領国主の姫アレクトラ達と会い、又しても勇者と対峙する事になると知る。そしてその勇者はどうやら主様達の知り合いらしい。果たして勇者とは誰なのか?物語はまだまだ続くのじゃ!」


「勇者も大量投入されるだろうし任せて良くない?」


「主様それ今言ったらいかんのじゃ!全部台無し」


『シルフィン:はい、ボケの時間ですよ~』


「今回はエリコッタだけだよね?」


『シルフィン:いえ、逃げました』


「はっ?」


『シルフィン:自分には無理と言って逃げました。なので今回は彼女達を連れて来ました』


「と、言う訳で今回はメイド組でいきたいと思います」


「あれ?ミミは?」


「ミミちゃんも逃げちゃいました」


「そんなに嫌か!?」


「まあ、ボケろと言われてやるのは難易度高いですよね?」


「それでも二人は来たんだね?」


「メイドの仕事ですので?」


「メイドすげーな!?」


「ハクア様、疑問系でいってますよあれ」


「では、改めて次回予告です。ハクア様に買われてしまった私達、度重なるハクア様のセクハラに、遂に押し倒されてしまう!」


「え、えぇ~!?は、ハクア様?!」


「いや、しないからね!てか、してないよね?!」


「果たして私達は貞操を守りきる事が出来るのか!!次回メイド物語"屋敷の中の静かな攻防"お楽しみに」


「逃げ切りやがった!!」


「は、ハクア様?本当に無いですよね?」


「疑わないでくれます!?」


「いえ、あちらでアリシア様とるり様が睨んでいるで」


「えっ?マジか!?ちょっと待って私今回悪くない!?みゃ~!!」


「ふふ、ハクア様は本当に面白い」


「エルザ、ハクア様様からかうのもほどほどにね?」


〈次回は〈考えるの面倒くさい〉です。お楽しみに〉



「ゴブリンから頑張る神の箱庭~最弱からの成り上がり~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く