ゴブリンから頑張る神の箱庭~最弱からの成り上がり~

リーズン

これぞ簡易変装の魔法だ!

「その為にここに来て貰ったんだ」ね?人の事普通に拐っておいて何言ってんだか?――――と思いながらもハクアはククスに答える。


「それじゃあ私が何の為に呼ばれたのか、そろそろ教えてくれる?」


(ここに居るのは二人だけど、屋敷自体には結構居そうだな?それにどっかから視線と気配は感じる。隠せてないしどっかにマジックミラー見たいのがある?)


 ハクアは質問をしながら、自分の置かれている状況を把握していく。


「何の為に、ね?それは自分が一番分かってるだろ?」


「さあ?」


「惚けるのもいい加減にしろ!!お前が知っている秘密を吐け!!」


(秘密ね~。実は本当に何も知らないんだよね?カーラも何をしてるのかまでは知らなかったし。ここ調べれば分かるかな?)


「秘密か~、それを言うならもう一人ちゃんと呼ばないと。ね、コルクルさん?」


「何を?」


「居るでしょ?ここはあんた達見たいのが、勝手に住み着けるようなレベルじゃない。しかも、この広さの家をこの都市で維持できるとすれば十商レベル。それで私にこんな事するとしたら、この間会ったコルクルくらいだからね?」


「勝手な事を!!」


「ククス下がれ!」


「こ、コルクル様・・・」


「これはこれは、ハクア君久し振りだね?」


(うわ~、苛つくわ~)


 ハクアがカマを掛けると、視線を感じた方からコルクルが現れ、ニヤツキながらさも当たり前のように話し掛けてくる。


「さて、要件はククスが伝えた通り。君が知っている儂の事とやらを教えて貰おうか」


「あんたの秘密?あぁ、実はその髪が偽物でカツラだとか?」


 バチンッ!「下らない事を言うな!お前はあの女から儂の不正を聞いたんだろ!ええ、答えろ!答えろ!!」


 ハクアの挑発にコルクルはキレ、ハクアの顔を何度も叩きながら怒鳴り付ける。だが・・・・・。


「知らないね」


「このクソガキが!もういい。話したくないなら好きにしろ!ククス!他の奴も連れてこい!全員で好きなだけ弄んだ後、薬漬けにして何時も通り売り捌いてやる!」


(なるほど、人身売買か。この様子だと他にもありそうだな?とはいえもういいや)


「早く行って連れてこいクク・・・・あがっ!」


「コルクル様!なっ!体が・・・重い」


 突然倒れたコルクルに近寄ろうとしたククスだが、何故か自分も動く事が出来なくなる。辺りを見回すとハクアの後ろに居た部下も倒れ、それをハクアが冷たい目で見下ろしていた。


「お、前・・儂に・・何・・・を・・・ぐっ! 」


 コルクルは倒れた姿のままハクアに、問い質そうとするが、ハクアに顔を蹴られ顔を押えながら何か言って居た。


「コルクル様!くぐっ!お前何をした!」


「別に大した事はしてないよ?」


 ハクアがしたのは単純に邪眼のスキルを使い、麻痺の邪眼でコルクルを封じ、ククスには、呪いと鈍重の邪眼を掛けただけだった。因みにククスの部下はハクアが逃げ出さないように、ずっとハクアの肩を押さえて居たため、麻痺毒を使い動けなくしていた。


「それにしても、一度会ったのにまだ分からないなんて、注意力が足らないんじゃ無いククス?」


「お前何を?」


「あら?これでもまだ分からないかしら?」


 そう言うと、ハクアの全身を影が包み込みその影が無くなると、中から夜の闇のような黒髪を持つ女が現れる。


(これぞ簡易変装の魔法だ!まっ、影で髪の毛覆ってるだけだけど)


「なっ!?」


 それはククスにコルクルの使いを名乗り、ハクアの似顔絵と情報を伝えて来た女だった。


「二日振りかしらククス?」


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
 その頃、王から出兵の許可を貰ったと言うカーラからの連絡を受け、アリシア達は竜車に乗りハクアの元へと向かっていた。
 そしてその車内では、今回の事情について瑠璃から説明がされていた。


「・・・・・・・という感じです。だから心配しなくても大丈夫ですよ。今もヘルさんがハーちゃんの事を守ってます」


「「「ええ~」」」


「じゃ、じゃあこれってハクアの自作自演なの!?」


「簡単に言えばそうですね。まあ、ハーちゃんもこんな風に拐われるとは思わなかったでしょうけど」


「ハクア・・・そんな事してたんだね?本当にボクたちが心配する事無かったかな」


「主様、流石じゃな。頭がおかしい・・・・」


「ゴブ」


「そんな訳だから大丈夫ですよ。アリシアちゃん・・・・アリシアちゃん?」


「ご、ご主人様のばかぁ~~~!!!」


 結果、狭い竜車の中にアリシアの絶叫が響くのだった。



「ゴブリンから頑張る神の箱庭~最弱からの成り上がり~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く