ゴブリンから頑張る神の箱庭~最弱からの成り上がり~

リーズン

うん、シュールな光景だ。

「全く貴様らはこの間も・・・・・・」


 現在私達は、ハゲ未満に説教されていた。


「ズズ~ッ! は~、あっ、アリシアそれ捕って」


「これですか?はいどうぞ、ご主人様」


「ありがと」


「あっ、私にも」


「はいどうぞ、エレオノ」


「ありがとうアリシア」


「ク~」


「アクアはよく寝てますね」


「皆ちゃんと聞かなくて良いのかな?」


「「「大丈夫」」」


「話を聞け~!」


 ハゲ未満が、またも叫んでくる。
 話を聞いていないとは失敬な!


「聞いてる、聞いてる。で、え~と、多少残ってるだけだと、往生際が悪いから、いっそ全部剃って、丸坊主にするだっけ?良いんじゃない?」


「「あぁ~」」「ツルッパゲ、ゴブ」


「誰が何時そんな話をした!」


「あんたが、今」


「そんな話しはして居ない!」


「あっそ」


「くっ!まぁ良い。さっさと今回のあらましを話せ!」


「え~」


「 ご主人様、早く退出したいですし、さっさと話して仕舞いましょう!」


「まぁ、それもそっか」


「ぐぐぐっ!」


 このおっさん、そのうち血管切れんじゃ無いの?


「え~と、祭りに参加してヒャッハーしたら、元一位のチームが三位のチームにズドンされて、そこに行ったら魔族に変わって、ヒャッハーされて見逃された!」


「よーく、分かった。貴様私に喧嘩を売っているな?そんな説明で分かるか!!」


 えっ?嘘!?分かんないの?
 周りを見ると苦笑いされる。
 アレ~?!


『シルフィン:私も分り易かったんですけど?』


『約全員:こいつマジか!』


『シルフィン:アレ~?』


 ヤバイ!私が駄女神と同格の扱いを受けている!!


『シルフィン:どういう意味ですか!』


 まぁ良いや。


「アリシア説明お願いして良い?」


「はい、任せて下さい!」


「お、おう」


 勢いあってちょっとびっくり。
 アリシアは、私とは違い順序立て説明していき、ときどきエレオノとコロが、注釈をいれる。
 アクア?もちろんもう寝てるよ?


〈マスター、アレが説明です〉


 ・・・・・・はい。


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
「なるほど、概ねギルド長の話の通りだな」


 知ってるなら、言わなくて良いじゃん。


「それで、お前達はこれからどうするつもりだ」


「どうって?」


「スケルトン祭りは終わったんだ。何時までもユルグ村にいる訳じゃ有るまい」


「ボクは!ボクは、ハクア達と一緒に行来たいかな。お父さんにも話をしてあるよ。ダメ・・・・かな?」


「全然歓迎だよコロ」


「はい、これからよろしくお願いします。コロ」「よろしくねコロ」「よろゴブ」


 うんうん、むしろ来ないって行ったら、どうやって好感度上げようかと思った。


「よし、話終わったし帰ろうか」


「まだ終わって無いだろ!」


 チッ!


「何だその顔は!」


「チッ!」


「この、小娘!」


「何で、その頭レベルの薄い縁で、これからの行動何て話さないといけないの?」


「貴様~!」


「まあまあ、落ち着いて下さい」


 オークがハゲ未満を宥める。
 うん、シュールな光景だ。


「ハクア、ボクも次どこに行く予定なのか知りたいかな?」


「え~と、とりあえず、後何日かここに滞在してダンジョンを回りたい」


「ダンジョン?」


「まぁ、何にせよ。強くなるのは良いことだからね」


 場所毎のレベリングは、RPGの基本だしね。


「くっ!話すんじゃ無いか・・・・まぁ良い、その後は!」


「そうだな、とりあえず最初の予定通り、商業都市アリ「来るな!」スベルに行く」


 話の途中で割って入るとは失礼なハゲ未満め!


「来るな!と、言ったんだ疫病神め!」


「皆ごめん、ちゃんとは決めて無かったけど来るなって言われたから・・・」


「大丈夫ですよ。ご主人様」


「うん、私はどこでも良いよ」


「ゴブ」


「ボクもかな」


「ふん、そうだ。そうやって素直に言うことを聞けば・・・」


「じゃあ、次の目的地は商業都市アリスベルに決定で!」


「「「「了解」」」」


「おい~!!」


 何だ、まだいたのかハゲ未満。


「来るなと言っただろ!」


「うん、だから?」


「おのれ、クソ!騎士国や聖国、王都の方でもいろいろな動きがあって、忙しいときに」


 うん?さらっとフラグ建てなかった?


「くっ!もういい!話しは聞いた!私は失礼する!」


 ハゲ未満はそう言って出ていった。う~ん、これ、いろいろ注意するべきかな?


〈それが良いと思います〉


「随分挑発したな嬢ちゃん、笑いこらえるのに苦労したぜ」


「そりゃ、どうも」


 ライアスと話をしてふと思い出す。
 あぁ、そう言えば皆には紹介してなかったっけ。


「そう言えば、これはライアスって名前だよ、皆」


「おいおい、今更だな」


「ご主人様が寝ている時に、自己紹介は済んでますよ」


 ありゃ、そっか。


「コホン!私からも良いかね」


 と、一通り話終るとオークが、喋り掛けてくる。


「まず、今回の君達の協力に感謝する。魔族の襲来なぞここ数年無かった、異常事態だからな、何人かの命が失われたとはいえ、これだけの犠牲で済んだのは、君達のお陰でもある」


 え~?ここ数年無いって、私既に二回目のエンカウント何だけど!?何私呪われてる?


「しかし、あの魔族襲来の原因の一部に、君達の存在が関わっているのも事実、それを不問とする為、君達への緊急依頼の報酬は無しとする」


 この野郎、値切りに来たな。


「そして、今回のスケルトン祭りは、試合処では無かった為、賞品のクリムゾンローズも、返却願おう!」


「そんな!」


「おいおい、そりゃあんまりだろ」


「当然の権利だ!」


 ブチ!


 その横暴な態度に私はブチ切れた。



「ゴブリンから頑張る神の箱庭~最弱からの成り上がり~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く