異世界転生(仮題)

ノアール

呼び出し(半拉致

あの日から2日が経った。

その間、図書館で調べ物をしていたが、これといった情報は得られなかった。

そして今は、自分の店に来ていた。

『そういえばマスター、何を販売するのですか?』

『ちょっとした武器や防具、ポーションなどの薬品類を売ろうと思ってるんだけど。そういえば聖域でエリクサーについて聞いた後気になって飲んだけどあれすごく不味かったな。もしかして他のポーションも不味い?』

『はい。一般的にポーションは不味いものとして認識されています』

『せっかくだし味を付けてみるか』

『過去に挑戦した方がいたみたいなのですが、失敗して諦めたそうですよ』

『まぁ、のんびりやるよ』

時間はたくさんあるから焦る必要はないしな。

『武器や防具のランクはどのくらいのを販売するのですか?』

『普通(ノーマル)から希少(レア)くらいでいいかな。武器に数本、特質(ユニーク)を紛れ込ませとくつもりだよ』

ちなみに武器と防具のランクは、
粗悪級(バッド)
普通級(ノーマル)
希少級(レア)
特質級(ユニーク)
伝説級(レジェンド)
神話級(ミソロジー)
幻想級(ファンダジー)となっている。

『そのくらいがちょうどいいと思います』

店に入り店の中を掃除した後、商品を創り並べていく。最初のうちはすべて[創造]を使うが、薬品類は自分で材料の調達、調合して在庫を増やしていくつもりだ。盗賊退治した時に回収した武器や防具を【無限収納】の中で修理して売る。ただ、そのストックも無くなるので鍛冶スキルを使って造ろうと思っている。

商品を並べ始めてからだいぶ時間が経ち、休憩しようとした時外から声がした。

「あ!テルさん!」

「ん?ああ、リィスさん。そんなに焦ってどうかしました?」

「よかった。と、とりあえずギルドまで来てもらっていいですか?」

だいぶ焦っているのか、返事を待たずに手を引っ張られ連れてかれる。

「え!?あのリィスさん?今開店の準備してたんですが…」

「そんなことより早く来てください!大変なんですよ!」

「わ、わかりました」

自分の店の開店の準備をそんなことと言われ少し落ち込みながらギルドに連れてかれた。

◆ ◇ ◆

ギルドに着くと、そのまま空いている部屋に通される。

「それでどうされたんですか?あ、それと様付けはむず痒いのでしないでください」

「わかりました。それが、テルさんにギルドに卸していただいたリバーシなんですが当初の見込みより大幅な注文数で制作が追いつかないのです」

「今どのくらいの注文数なんですか?」

「1日に約2,000件ほどの注文数があり、制作が追いつかず販売が一時中止している状態です」

おおう。思ったより人気が出たな。

『この世界は娯楽が極端に少ないですからね』

言われてみればそうか。

「とりあえず、1万個の在庫を渡せばいいですか?」

「そんなにあるんですか!?是非、お願いします」

箱詰めされた一万個のリバーシを出しておいていく。リィスさんは他のギルドの人を呼び、在庫運びを手伝ってもらってギルドの奥に運んでいった。

「テルさん。これは提案なんですが、テルさんに在庫を卸してもらってそれをギルドが売るという形にしていただけないでしょうか?」

「いいですよ」

「ありがとうございます」

最初からこの話に持っていくつもりだったようだ。

まぁ、毎回呼び出されるよりはマシだからいいか。

そのあと契約をし直し、ギルドを出て自分の店に戻って、開店に向けて準備を再開した。

「異世界転生(仮題)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く