異世界転生(仮題)

ノアール

ランチ

ギルドを出た俺たちは、ミッシェルが気になっている店に行く途中の露店を見てまわっていた。

「結構掘り出し物が売ってたりするね」

「そうですねこういったところは結構珍しいものが売ってることがたまにあります。ですが反対にあまり価値がないものが売られてたりします」

「まぁ、そこはその人の目利き次第ってわけだな。ちなみにミッシェルの目利きは?」

「…私はあまり得意ではないです」

「さては、失敗の経験があるんでしょ」

「え、い、いや、そんなことは…ないですよ」

どうやらあるようで、どんどん声が小さくなっていった。

「あはは、そんなに慌てたら嘘だってバレバレだよ」

「うう…」

そんな感じでミッシェルをからかいながら露店を冷やかし、時間を潰していた。

「そろそろいい時間になったし、お店に向かおうか」

「そうですね、行きましょうか」

昼飯の時間になったので、お店に向かう。お店に向かいながら露店を見てまわっていたためあまり時間はかからなかった。

「このお店?」

ミッシェルに案内されてついた店はおしゃれなカフェだった。女性客やカップルが多く、フルーツがトッピングされたパンケーキのような生地にシロップをかけて食べているようだった。

「はい。このお店が前から少し気になってまして、奥様とお嬢様がよく行かれるのですが、あの、その、私も気になってまして、食べたいなぁと思ってまして」

なんかミッシェルのキャラが変わった。
凛とした感じがなくなって恥ずかしそうにもじもじし始め、正直少し可愛いと思った。

「アリスたちと一緒には食べなかったのか?」

「奥様とお嬢様は一緒にと言ってくださったんですが、私はあくまで護衛の立場ですので。ですが、少々1人で入るのは恥ずかしくて、今まで行けてなかったんです」

「じゃあ、今日はめいいっぱい食べよう!」

「はい!」

目を輝かせてワクワクした表情で返事をする。

どの世界でも女性は甘いものがすごく好きなんだなぁ。

店に入り席に案内される。運が良かったらしく、人気のテラス席に座ることができた。俺はサンドイッチと紅茶を頼み、ミッシェルはパンケーキとフルーツの盛り合わせと紅茶を頼んだ。

◆ ◆ ◇ ◆

パンケーキとサンドイッチを食べ終えた俺たちは、紅茶を飲みながら雑談をしていた。

「この後はどうしますか?」

「この後はとりあえず店の場所の確認をしたら、屋敷に戻って夕食の準備をするつもりだよ。教会は明日にする」

「そういえば旦那様から頼まれてましたね」
 
その時結局、宿に泊まるっていう話を逸らされたんだよなぁ。

「では食休みもしましたし、店の場所の確認をしに行きましょうか」

「ああ、また案内よろしく頼むね」

店を出た俺たちは、またミッシェルの案内で店の場所に行く。

「それにしても、本当にあの場所で良かったのですか?」

「ああ、儲けるつもりがないからな」

「そうですか。…あ、あそこですね」

資料にあった通り、周りにはいくつかの店しか見受けられなかった。

「ここがテルさんの店ですか」

「もともとこの建物は、別の商会の人が建てらしいんだけど、ある程度資金が貯まってもっといい場所に店を構えたみたいで、その時の店がそのまま残ってたみたい……ん?」

「そうなんですね」

ミッシェルと店の外観を確認していると、離れた場所で声がした。その方向に目線を向けるとなにやら2人の騎士が険しい表情を浮かべて話していた。内容が気になり耳をすませてみると、

「どうだ?」

「いえ、まだなにも手がかりがつかめません!」

「くそ!これで何人目だ!これ以上好き勝手させるわけにはいかない。一刻も早く何か手を打たねば」

「とりあえず、自分は隊長に連絡しに向かいます」

「ああ、頼む」

そう言って、2人の騎士はそれぞれ別の方向に向かっていった。

今のはいったい?

「テルさん、どうされました?」

「ん、いや、なんでもない。店の下見も終わったし屋敷に戻ろうか」

「はい」

さっきの話についてグランさんに聞いてみるか。

「異世界転生(仮題)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く