異世界転生(仮題)

ノアール

商業ギルド2

「では、商業ギルドについて説明させていただきます」

リィナさんは、一枚の小さな薄いプレートを取り出した。

「これは商業ギルドカードといって、商業ギルドの一員として証明するもので、先ほど記入していただいた名前などの必要事項がこのギルドカードに刻まれます。このギルドカードは見本ですが、後ほどテル様のギルドカードをお渡しいたします。このギルドカードのお渡しとともに、登録料として2万セリスいただきます」

「2万って結構高いですね」

「登録にともなって口座を開設するための手数料が含まれているので、高くなってしまうんです」

「口座の開設は必ずなんですか?」

「はい。例えば、テル様が商品をギルドに卸していただいた場合、その商品で出た利益の7割をテル様の口座に振り込むためです」

それもそうか。わざわざギルドに来てお金を受け取るなんて、めんどくさいもんな。
 
「この口座の通帳にもなりますので、受け取ったギルドカードは絶対に失くさないでください。もし失くしてしまうと、50万セリスの罰金が課せられてしまうので注意してください」

危機管理意識を強くするためとはいえ、高いなぁ。

「ギルドカードが通帳になるんでしたら盗まれてしまったとき、勝手にお金を引き出されてしまうんじゃないですか?」

「その防止のため、ギルドカードは渡すときに本人登録をして、その所有者本人しか使えないように作られているんです」

「本人登録って魔力を流すとかですか?」

「昔はそのような方法を取っていたみたいですが、中には魔力を持たない方もいらっしゃるので一滴だけ血を垂らして登録するのです」

魔力って誰でも持っているものじゃないんだな。

『はい。種族によって異なりますが、人族は魔力を持っていない方も多くいらっしゃいます』

『そうか。魔法師という職業があるくらいだから魔力がない人もいて当たり前か』

「では、次に商業ギルドの形態についてです。商業ギルドは、商業に関係するものすべてで構成されています。例えば、漁業、鍛治、錬金術、畜産業、建築など、このほかにも商売に関係する全てを商業ギルドが組織しています」

「商売にあまり関係なさそうなのもあるのですが…」

その言葉にリィナさんは苦笑いのような表情を浮かべた。

「はい。鍛治は武器や防具などの販売、錬金術はポーションなど薬品の販売といった商売に関係しているからという建前で、実際は昔、鍛治ギルド、錬金術ギルド、魔術師ギルドといった様々な分野に特化したギルドがたくさんありましたが、あるギルドが暴走しましてギルド間の対立、あまつさえ住民を巻き込んだ抗争にまで発展しまして、ギルド本来の役目を果たすことができなくなってしまったのです。そういった経緯からいっそのこと全部まとめてしまった方がギルド間の対立は無くなると考えたのです」

「そういうことですか」

「では次に、商業区についてです。ここ王都は、大きく分けると商業区と居住区に分かれます。基本的に商業区内であれば、どこに店を出しても構いません。ただ例外もありまして、居住区も貴族街と平民街に分かれており、王城周辺が貴族街となっております。貴族街の商業区での出店の場合は、どなたかの紹介状が必要となります。紹介状を持っていますでしょうか?」

「ああ、持っています」

グランさんからもらった紹介状があったことを思い出し、ローブの中で見えないように[無限収納]から紹介状の入った封書を取り出し、渡す。

「開封させてもらいます。…ッ!あ、あの失礼ですが、テル様は貴族様なのでしょうか?」

「え?いや、違いますが」

「公爵家、それもレイルリット家の紹介状なんて……テル様は一体…いえ、商人としてこれ以上の詮索は禁物ですね」

公爵家からの紹介なんて普通はありえないよなぁ。

「普通の商人見習いなんですよ」

「公爵家との繋がりがある人を普通とは呼びませんよ。紹介状は確認できました。テル様には公爵様より、ギルドが可能な限り便宜を計らせていただきます。少しお待ち下さい」

リィナさんはそう言って部屋を出て行き、資料のようなものを持って戻ってきた。

「今テル様に紹介できる立地は、こちらでございます」

差し出された資料を見て、思わず苦笑いを浮かべる。

「貰いすぎって言ったんだけどな……どうしてここを?」

「公爵様からの希望です」

やっぱりか。断ってもダメなんだろうな。

「それと公爵様から“これぐらいのことはさせてくれ”とのことです」

どうやら思考を先回りされていたらしい。
資料に書かれていた立地は、平民街にある商業地区の中央付近から離れた、居住区に近く他の店が少ない地区だった。

確かに儲けるつもりなんてこれっぽっちもないけど、性格把握しすぎじゃね。ちょっと怖っ!

「異世界転生(仮題)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く