異世界転生(仮題)

ノアール

商業ギルド

ミッシェルに案内されて、商業ギルドに着く。

「ここが商業ギルドです」

「結構大きいな」

商業ギルドは、三階建てで結構広い敷地を持っていて、ここに来る途中に見た家や店などの建物に比べてかなり大きかった。

「商業ギルドは、その町のすべての店の管理をしています。そのほかにも商業ギルド自体が販売や買取などの商売もやっております。定期的に競売が行われたりもしますし、年に2回オークションも開催され、世界各国からお客さんが集まってきます」

「へぇ〜、すごいな。オークションは、どこで開催するんだ?」

「商業ギルドから少し離れた劇場を貸切、開催されます。毎年かなりの人が来られますので、王城の次に大きい劇場が使用されます。そういえば、そろそろオークションの開催時期ですね」

「どんなのが出品されるか楽しみだな」

「そうですね」

ギルドの扉を開けて入る。中は、建物の外観通りかなり広く、人も多かった。個別のブースがいくつもあり、おそらく商談などの会議用のスペースだろう。

「私も商業ギルドを訪れるのは初めてですが、これほどとは」

「商売をしている人くらいしか、ここを訪れる機会ってなさそうしな。それより、ミッシェルは俺が登録を行ってる間どうする?」

「でしたら、二階の販売フロアにいます」

「わかった」

ミッシェルと別れ、受付に向かう。

「いらっしゃいませ。本日はどのようなご用件で?」

受付嬢は、エルフのようで耳が長く、かなり端正な顔立ちをしていた。

「商業ギルドに登録しにきました」

「はい、では簡単な試験を行いますのでこちらにきてください」

受付嬢はそう言って、受付から出て奥の部屋に入る。その後ろについていくと、中は1つのテーブルと椅子が二脚、向かい合って置かれていた。

「こちらにお座り下さい」

「それでは試験を行います。制限時間は10分です」

「始め!」

椅子に座り、一枚の紙を渡される。
内容は、二桁や3桁の掛け算、割り算の問題が20問あった。

簡単すぎないか?何か引っ掛けとか?
ん〜、わからん。考えてもしゃあない。

「できました」

「え、まだ1分も経ってないんですが。見直しは大丈夫ですか?」

「はい、大丈夫ですよ」

「それでは答案をこちらに。……すごい、全問正解です」

おお〜、引っ掛けとか無かったみたいだ。じゃあ、あれが水準ってことか?

「試験に合格しましたので、こちらの用紙に名前と年齢、職業、スキルを記入してください。スキルに関しては、すべて書く必要はなく、1つだけで構いません」

少し悩み名前と年齢、職業、スキルを書いていく。職業は商人見習い、スキルは[商才]と[料理]を書き受付嬢に渡す。

「…はい、確認しました。改めまして、ようこそ商人ギルドへ。今回ギルド登録を担当させていただきます、リィナです。ギルドについての説明はいたしますか?」

「お願いします」

「では、所業ギルドについて説明させていただきます」

「異世界転生(仮題)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く