異世界転生(仮題)

ノアール

精霊

「あれ〜、人間がいる〜」

「わ〜、ほんとだ〜」

「なんで〜?」

「…どうやって?」

『あれが精霊か』

『はい、ここは精霊の聖域のようです。』

鑑定

下位水精霊  LV.69

種族:精霊

HP    10482/10482
MP    ーー

固有スキル
[魔法干渉力上昇]

スキル
[水魔法LV.ーー]


下位火精霊  LV.65

種族:精霊

HP  10006/10006
MP  ーー

固有スキル
[魔法干渉力上昇]

スキル
[火魔法LV.ーー]


下位風精霊  LV.72

HP  11324/11324
MP  ーー

固有スキル
[魔法干渉力上昇]

スキル
[風魔法LV.ーー]


下位土精霊  LV.62

HP  9821/9821
MP  ーー

固有スキル
[魔法干渉力上昇]

スキル
[土魔法LV.ーー]

『ナビ、どういうことだ?魔力の表示やスキルレベルがおかしいぞ』

『いえ、精霊のステータスやスキルレベルはみなあの様な表示なんです。もともと自然を司る種で魔力の塊みたいなものなので、それぞれの属性を持ち、位が上がっていくごとにその干渉力が強くなります。詳しいことは今は置いておきますが、精霊についてはこんなところです。それと、固有スキルとは、その種族固有のスキルのことです』

『そういうことか、ありがとうナビ』

「うそ!あれは精霊ですか?」

「はい…ヒトや魔物とは異なる神聖な存在…まさか精霊がいるとは」

「一部のセーフティーゾーンは、聖域と呼ばれているという文献は、本当だったんですね」

「ねぇねぇ、どうやってここに来れたの〜?」

「この森を通って来るなんてすごいね〜」

「あ、えっと、私たちは、あの方に連れてきてもらったんです」

「あの人〜?」

「わ〜!あの人強そう〜!」

「精霊王様と一緒〜?」

「…人間?」

なんかさらっと酷いこと言われたな。

「初めまして〜、名前なんて言うの〜?」

「初めまして精霊さん、テルって言うんだ」

「テル〜?」

「どうやって見つけたの〜?」

「探知系のスキルで見つけたんだよ」

「え〜、うそ〜!」

「むりだよ〜」

「結界があるから見つからないはずだよ〜」

「詳しくは言えないけど、俺のは普通の探知系スキルとは違うんだ」

「へぇ〜、すごいね〜」

「すごいすご〜い!」

「ふ〜ん」

「…すごい」

「ここにあるもの少しだけ採っても良いかな?」

「ん〜?いいよ〜」

「ここの果物美味しいんだ〜!」

「果物もあるの?」

「あるよ〜」

「あっちだよ〜」

そう言って泉の反対側にある森まで飛んでいく。俺たち3人は、見失わない様に急いで泉を迂回していく。精霊たちは、俺たちが追いつくのを森の入り口で待っていてくれた。

「この先だよ〜」

「ついてきて〜」

森に入って少し歩くと、果物が実る木々を見つけた。

「異世界転生(仮題)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く