異世界転生(仮題)

ノアール

聖地

「これは…」

「うわ〜」

「すごい」

そこに広がっていたのは、陽の光に反射して煌めく澄んだ泉。雪のような真っ白な花が一面に咲いていた。この場所だけ、春を感じさせるような穏やかな風が吹いていて、魔力も満ちており、聖域という言葉がふさわしかった。

「こんなに綺麗な景色、初めて見ました!」

「俺もないな」

「私もないです」

『今まで誰にも見つからなかった場所だと思われます。ですので、稀少な素材があると思います』

『そいうことか。ありがとう、ナビ』

『いえ、ですが取りすぎないでくださいね』

『ああ、わかってる』

「嘘!ミッシェル、あれってもしかして精霊の涙じゃない?」

「え!あ、本当ですねお嬢様。あれは間違いなく精霊の涙ですよ」

「すごい!すごい!精霊の涙なんて初めて見ました」

『ナビ、精霊の涙って何?』

『精霊の涙とは、エリクサーと呼ばれる神薬の素材の1つで、すごく稀少なんです』

『ですが、今ではエリクサーの製作技術は失われ、今のこの世界最高の錬金術師でも最上級ポーションをつくので精一杯なんです。エリクサーは、ごくごく稀にダンジョンで発見されたことがありますが、そのほとんどが国で買い取られて国宝となっています』

『エリクサーってどのくらいの効果があるの?』

『効果は、無くなった欠損部位に振りかけると再生できます。飲めば大抵の病気や呪い、状態異常を回復できます。ただ、精霊級以上の呪いを解くことはできません』

『…それだけ?』

『確かにマスターは、チート級の化け物でなんでも出来ますが、この世界の人たちにとっては十分過ぎるのですよ?』

『いや、間違ってないが化け物って…』

『化け物ではないですか。なんですか魔力無限って頭おかしいですよね。いい加減、人間って偽るのやめたらどうですか』

『気にしてるんだから、これ以上傷を抉らないでくれぇ!』

『そんなことより』

『そんなことならなぜディスってきた!』

『うるさいです、マスター。もちろんマスターの能力ならエリクサーを作ることができますし、そもそも創造のスキルで素材を必要とすることなく創ることが出来ます』

『確かに化け物だった!』

◇◇◇◇

『先の話と全く関係のないわけじゃないんですが、セーフティゾーンとは、全てがというわけではないんですが、聖域とも呼ばれている場所があります。今回の場所は、まず間違い無く聖域でしょう。そして聖域はある種が棲まう土地でもあります』

『ある種?』

『はい。ある種とは神聖種です。精霊や聖獣、神獣が棲まう土地です。そしてここは恐らく…マスター、来ました』

「そのようだな」

アリスとミッシェルの2人で興奮しながら結晶を眺めてる少し離れたところでナビの解説に意識を向けていると、突然、泉の上で景色が歪んだ。
どうやら2人は気づいていないようだ。

『空間の歪みは空間に関するスキルを所持していないと、まず感知することは難しいだろう。』

そして、空間が歪んでいた場所に小さな穴が開いた。その穴は、徐々に開いていき、30cmくらいの大きさまで大きくなった。大きくなった穴から少しして、4体の小さな生き物が現れた。

「異世界転生(仮題)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く