異世界転生(仮題)

ノアール

これから

「さて、これからのことについて話そうか」

「そうですね。ずっとこの場にいるわけにもいけませんし」

「君たちは確か、学園からメーア王国の王都への帰り道ということでいいんだよね?」

「はい、そうです」

「じゃあ、目的地は王都として、今日はもう陽が落ちるからここで野営しようか」

「そうですね。夜は魔物の行動も活発になって危険ですし」

「あ!でもお嬢様、私たちの荷物何もないのですがどうしましょう?」

「それなら気にしなくていいよ」

テルはそう言って、道の端に行き何もないところに向かって、空間魔法、次元魔法、創造魔法で部屋を創り、ドアを付けた。扉を開け、2人に向かって、

「どうぞ」と言った。

「「………」」

『反応が無い、ただの屍のようだ』

『うるさいよ』

絶句かぁ。迷宮や樹海が基準になってて麻痺してたけど、普通に考えたらこれはおかしいか。あとで、一旦情報を整理しよう。

「ねぇ、ミッシェル。私の目がおかしいみたいなんだけど、何故か何も無いところにいきなり部屋?が現れたわ」

「いえ、お嬢様。私にもそう見えております」

「夢…を見てるの?」

「夢じゃないよ。まぁ、あまり気にしないで。さぁ、入って、入って」

扉をくぐり中に入ると、中は4LDKで広々としていた。

「よし、2人はお風呂に入っておいで、その間にご飯作っとくよ」

「え、お風呂あるんですか!?やったぁ!もう汗と汚れでうんざりしてたんです」

「ありがとうございます。お言葉に甘えてお風呂お借りします」

「うん、ゆっくりしておいで」

さて、何を作ろうか。あまり時間をかけられないし、簡単なものでいいか。

まず、玉ねぎをスライスして、ベーコンを食べやすい大きさに切る。このとき、同時にパスタも茹で始める。ちなみに、パスタは茹で時間より少し早めに上げると良い。

ちなみにベーコンの肉は、これも迷宮産で、グラトニーボアという猪の肉だ。樹海を彷徨ってる間に燻製にしていたのだ。

次に、中火でフライパンを熱し、オリーブオイルでニンニクを炒める。そこにベーコンを入れて炒める。さらに玉ねぎを追加して、さらに炒める。
そして、フライパンの火を弱火にして牛乳とチーズを小さくちぎって入れる。
チーズが溶けてきたら、茹でたパスタを入れて塩・コショウで味を調える。
火を止めて、溶いた卵を全体にかける。
あとはフライパンの余熱で混ぜて卵をなじませて完成。

『もう、創造を使うの自重しなくなってきましたね。前はなるべく使いたくないと言っていたのに』

『いや、できれば使いたくないが食材がないし、自給自足するための家がないからしょうがないって諦めてるんだよ』

『浮浪者と変わらないですね』

『その言い方やめろ!心に刺さる。2週間たってやっと人に会えたばかりなんだから仕方ないじゃないか』

相変わらず[叡智神]にイジられてると、お風呂から2人が出てきた。

「異世界転生(仮題)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • おかか

    最後の所の『に主観』は『二週間』では?

    0
コメントを書く