異世界転生(仮題)

ノアール

出会い3

「あなたは、いったい…?」

テルはその問いかけに、振り返り少し微笑んで、

「あとは任せろ」

そう言って、未だ呆然としてる盗賊たちに目を向けた。

「はッ、…あいついきなり現れた?」

「隊長が吹っ飛ばされたぞ!」

「何もんだテメェ!」

我に帰った盗賊たちは、そう言いながら剣を向けてきた。その問いかけには答えず、少し観察していた。

隊長……ねぇ。確定かな、これは。

「どうでもいい、そんなことは!とりあえずこの邪魔者を殺すぞ。これを見られたんだから生かしておけねぇしな」

「幸い、最下級魔法師だ。さっきのはまぐれで、実力は大したことねぇだろうしな」

最下級魔法師?

そのことに内心首を傾げてると、

「どなたかはわかりませんが、逃げてください!この人数じゃ勝てません!」

その言葉に、優しい子なんだな、と感心したが、今はとりあえず無視した。

「いててて、何が起こった?」

どうやら隊長さんが起きてきたらしい。

もしかして回復魔法を使えるやつでもいたか?

「やぁ、隊長さん。君たちの邪魔をさせてもらうよ」

「んだと?…はん!最下級魔法師の分際で何言ってやがる」

そう周りの奴らと一緒に嘲笑してきた。

「どうやったか知らねぇが、さっきのはまぐれだろうが、よくもやってくれたなぁ。死ねや!」

叫びながら隊長は向かってきた。

「だめ!逃げて!」

“ファイアーアロー”

テルの上に現れた蒼い炎の矢を見て盗賊たちは、嘲笑したが直後にその顔がひきつった。その数がおかしかった。矢の数は、ゆうに1000を超えていた。
そして、そのうちの一本を盗賊たちの後方に向かって放った。

ドガーン!

全員が振り返り、後方見て絶句した。およそ初級魔法の威力をあまりにも逸脱した魔法に、盗賊たち全員の顔が恐怖に染まっていった。そして、

「頼む!命だけは!」

「いやだ!死にたくねぇ!」

「助けてくれ!金ならやるから」

「そういった人たちをお前らは助けたか?」

その問いかけに詰まった盗賊に、情けをかける気など起こるはずもなく、命乞いをしてくる盗賊たちに、魔法を全弾放った。
一人残った気絶してる隊長さんは、縄を創り、縛って空間にポイした。

よし、殲滅完了。さてと、

「大丈夫かい?」

「え?あ!助けていただきありがとうございました。私は、メーア王国公爵家令嬢、アリステラ・ノア・レイルリットと申します。アリスと呼んでください。それで…あなたは一体何者なんですか?」

肩より少し長い透き通るような金髪に髪と同じ金色の瞳、少し幼さが残るが端正な顔立ちをしている。

「俺の名前は、テル・ウィスタリア、テルって呼んでくれ。えっと山奥に住んでいたんだけど、最近旅に出たんだけど数週間くらい森で迷子になってたんだ」

「旅人…ですか?」

「そう。言いたくなかったら言わなくていいんだけど、君はどうして襲われていたんだい?」

「…理由はわかりません。学園からの帰り道でいきなり襲われて、途中までは護衛の皆さんがなんとか頑張ってくれてたんですが、何人か倒れたあたりで護衛のほとんどが裏切りました。残った人たちが私とミッシェルを逃がしてくれて、森の中を逃げてたんですが追いつかれて私を庇ったミッシェルが腕をきら…れて…グスッ…なんとか戦ってくれてたんですが……うぁ、ああ…ミッシェルぅ!」

「すまない、辛いことを言わせた。…そこに倒れている子が、ミッシェル?」

「…グスッ…はい、ミッシェルは小さい頃がらいづも一緒にいで…ぐれで…しん…ゆうだったん…です」

「…そうか」

この世界は前の世界より、命が軽い。こういうことはたまにある。だから、力を使うべきではないとわかっている。でも、

“転移してくる前の俺に似ている”

そう思ってしまったのだ。この少女の悲しみを取り除いてあげたいと思ってしまった。だからテルは、

「少し、離れててくれるかい?」

「何を…するつもりなんですか?」

「いいから、それとこれは誰にも言ってはダメだ。それを守ってくれ。いいね?」

「……わかりました」

そう言ってアリステラが離れるのを確認して、魔法を発動する。

「…“リザレクション”」

「異世界転生(仮題)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く