異世界転生(仮題)

ノアール

出会い

「ハァ、ハァ、ハァ…ハァ」

「大丈夫ですかお嬢様?」

「…ええ…ハァ…大丈、夫です」

【常闇の樹海】街道付近をボロボロになって走る二人がいた。

「追っ手は今の所いないみたいですので、ここで少し休憩しましょう」

「わかったわ」

お嬢様と呼ばれた少女の名は、アリステラ・ノア・レイルリットという、【メーア王国】の四大公爵の一つであるレイルリット家の一人娘である。もう一人の少女は、ミッシェル・レビン。彼女は孤児であるが、レイルリット家の現当主に拾われ、同い年ということもあり、アリステラと一緒に育ち、護衛として育ってきた。
二人とも14歳で隣国の【リオルテス学園】の中等部に所属してる。春学期が終わり、帰省中に盗賊に襲われた。ただの盗賊ならば護衛に返り討ち、もしくは遭遇すらしなかったが、今回の盗賊はただの盗賊ではなかった。百人以上おり、装備が普通の盗賊が手に入れられる様なものではなかった。ボロボロの皮鎧の代わりにしっかり手入れされた軽装備に鋼の剣や盾を持ち、弓矢などで牽制しながら連携して攻撃してきた。
さらに最悪なことに、護衛の騎士のほとんどが裏切りを起こした。残った数人の護衛がなんとかアリステラとミッシェル逃したが、圧倒的な人数差で押されすぐに追っ手が来た。
一か八かで【常闇の樹海】の中を進み、追っ手から見つからずに今に至る。

「まさか、護衛が裏切るなんて」

「それに、あの盗賊たちもただの盗賊とは思えないほど連携が取れてました。…まさか?」

「どうしましたミッシェル?」

「…いえ、なんでもありまーーッ!」

ミッシェルがそう言いかけてた時、アリステラの背後から剣が振りかぶるのが見えた。

ザシュッ!

「ミッ…シェル?」




◆◇◆◇



「くそ、全然森を抜けられない!」

あれから数日が経ち、テルは今だに樹海をさまよっていた。小型の恐竜の群れや、巨大な昆虫、追いかけてくる食人植物など、そのほかにもたくさんの魔物と戦闘したり逃げたりして、精神の疲労がピークを迎えていた。

「ああ、ゆっくり休みたい。人どころか街道すら見つからないってどれだけ広いんだよこの森は」

『まだこの世界で人と会話してませんもんね。……会話相手が自分のスキルとか、ぷくくー』

「…うぜぇ」

「というか質問なんだが、[叡智神]の能力でこの世界の地図は入手できないのか?」

『……ああ!』

「忘れてたんかい!この数日間はなんだったんだよ」

「まぁまぁ、失敗は誰にでもありますよマスター。気にしたらダメですよ』

「なに、俺が失敗した風に言ってんだよ」

『マスターが早く気づかないのが悪いんじゃないですか』

「え?俺が悪いの?んなアホな」

『自分の失敗をちゃんと認めないとダメですよ』

「…もう訂正するのもめんどくさい。やっと見つけたし、街道にとっとと出よう」

こうして数日間さまよった挙句、簡単に街道を見つけられて、若干落ち込みながらも街道に向かうテルであった。

「異世界転生(仮題)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く