異世界転生(仮題)

ノアール

樹海

「この世界の魔物の肉ってあんなにうまいものなのか?前の世界の高級食材よりうまいぞ」

魔物を使ったシチューを食べるとあまりの美味しさにびっくりした。

『もしかしたらここの迷宮の魔物だけかもしれません』

「そうか、道中に倒した魔物の肉が無限収納の中にまだたくさんあるからワクワクするな」

「よし!腹ごしらえも終わったし、ステータス確認するか。ナビ、新しいスキルとLVが上がったものだけを表示してくれ」

『了解です。これが今回のステータスです』

テル・ウィスタリア  LV.1804

種族:天魔族
性別:男
職業:覇王 new
年齢:17

HP    1856890/1856890
MP    ∞

筋力:6885470
耐久:2587971
俊敏:3102591
器用:91270
知力:error
幸運:690

エクストラスキル
[スキルレベル上昇 極]new [覇気]new

ユニークスキル
[剣神LV.69] up
[焔魔法LV.12] up
[魔力支配LV.54] up
[時空間魔法LV.42] up
[結界魔法LV.38] up
[付与魔法LV.21] up
[重力魔法LV.12] up
[支援魔法LV.11] up

スキル
[体術LV.51] up
[全属性魔法LV.18] up
[身体強化LV.58] up
[超再生LV.48] up
[超回復LV.32] up
[痛覚遮断LV.41] up
[直感LV.59] up
[探索者LV.38] up
[隠密者LV.27] up
[全物理攻撃耐性LV.39] up
[全魔法耐性LV.19] up
[料理LV.28] up

称号
[覇王] new


『元からとはいえ、人外の領域へようこそ、マスター』

「…やかましい」

もうツッコむのも疲れたし、スルーすることにしよう。

「それじゃあ脱出しようか」

『やっとですね』

「ほんとにな」

迷宮内での出来事が濃すぎて思わず遠い目になる。

そして転移魔法陣に乗ると魔法陣が起動し始めた。

「外はどうなってるかな?」

『いざ、冒険に!』

「…本当にどんどん人間くさくなるね」

魔法陣が起動し、光に包まれる。光にが消えて、目の前に広がっていたのはーー

「なんでだよーーーー!」

不気味なほど暗く、鬱蒼とした森だった。

「異世界転生(仮題)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く