異世界転生(仮題)

ノアール

転生3

「さて、君をこの世界に呼んだのは、僕が君を気に入ったからなんだ」

「なぜ気に入ったのですか?」

「初めてあのスキル<英雄等価>を発動させたのが、どんな子かなって気になって見てたんだけど、見ているうちに君のことがすごく気に入ったんだ」

「だから、僕の世界に来て欲しいって思って呼んだんだ。来てくれてよかったよ」

「こちらこそ、あの提案がなければ俺はシアとの約束を果たすことができませんでしたので、ありがたかったです」

「それなら呼んだ甲斐があったね」

「じゃあ君が転生する世界について、簡単に説明するよ」

説明をまとめると、
・転移する世界の名前は「アドラス」
・ステータスが存在する
・魔法は、火、水、風、土、光、闇、氷、雷、空間、特殊に分類される
・魔物が存在する
・人族以外に獣人、エルフ、魔族の種族に分けられる
・暦はテルがいた世界と全く同じの太陽暦であり、1月、2月、3月……12月と呼ぶ

「だいたいこんな感じかな」

「改めて聞くと、俺の世界と違うところが多くて別の世界なんだって思いますよ」

「まぁ、全ての世界が同じだったらつまらないしね」

「じゃあ、君に加護をあげよう。と言っても、その人の魂の器にもよるんだけどね」

「あ!なら私のもあげるわ」

「私も」

「俺のもやるよ」

「私のもあげましょう」

「ちょ!みんなあげられるわけじゃな……嘘…全員の加護がもらえてる」

他の神たちも加護を与えようとしてアルカナが焦るが、どうやら普通はもらえないし、全員のを与えられない加護が全部受け取ることができたようだった。

「……やっぱり」

そんなつぶやきが聞こえた気がしたが、みんなの興奮した声でかき消されてしまった。

「全員の加護をもらえた事にはびっくりさせられたけど、それは置いておこう」

「よし!これでだいたいの説明は終わったし、君をアドラスへ送るとしようか」

「はい、お願いします」

「うん、気をつけてね。向こうに着いたら、ステータスを確認するといい」

そう言うと、意識が遠くなっていった。

「あ、まずい」

そんな声を聞きながら。

ちょっ!

「異世界転生(仮題)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く