異世界転生(仮題)

ノアール

真実2

「さて、それじゃあ本題に入ろうかの。」

「まずは、話さなければならないことじゃが、お主の世界[マース]に突然現れた魔神族についてなんじゃが、いにしえの時代、神々と邪神・悪神の大戦が起こった。かなりの神が犠牲になったが、なんとか勝つことができた。しかし、邪神・悪神の中で超越神と呼ばれる神の中でも上位の者たちが、各世界に魂を逃がすために神術を使った。なんとか本体を封印することには成功したが、大戦で力を使い果たした儂らにはそれが精一杯じゃった。じゃが、邪神・悪神の使った神術は、他の神を贄とする禁術の類で強力でじゃった。そのせいで、封印が弱まり邪神の力が漏れ出してしまった。その漏れ出した力を使い邪神は、自分の封印を完全に解くため、魔神族を生み出した。その世界の生命を奪い尽くし己の糧とするために」

「じゃあ、俺の世界にその魔神族がいきなり現れたのは、それが理由だったのですか」

「…あなたが言った、謝りたいこととはそのことですか?」

「それも含めてなんじゃが…」

「?」

「実は、本来お主は、あのシアという娘とは出会うことはなかったのじゃ」



「……え?」

「異世界転生(仮題)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く