異世界転生(仮題)

ノアール

プロローグ

俺はただ、大切な人と一緒にいたいと願っただけなのに。

ドスッ

「シアーーーー!」

剣が心臓を貫いた。
すかさず魔法を発動して、敵を吹き飛ばし、彼女に駆け寄った。

「シア!シア!目を覚ましてくれ!」

「誰か!回復魔法師はいないか!」

シアは少しだけ目を開けて、

「テ……ル…くん」

「シア!!待ってろ、今助けるから」

「ご…めん..ねテルくん……ずっと…ずっと一緒に…い…るって約…束…...したの…に」

「何…言ってんだ、そんな…死ぬみたいなこと言うなよ」

「わた…し…ね、あなたに会え…て凄い……しあわ…せだったよ」

「あなた…に会えたこ…とで、灰….色だったわた…し..の人生が…こんなにも鮮やかに彩られたから」

「だめだ…死ぬな!シア!」

「だから、自分…を責めないで、私の分…も…生きて」

「シア!シア!……うあ...ああ…あ…ああああーーーー!!!」



「ハ…ハ…ハ…ざまぁみろ人間、貴様の希望を砕かれた感想はどう…「黙れ!」ぶべらっ!」

ドカーーン!殴り飛ばされた魔神は瓦礫を吹き飛ばしながら飛んで行った。

「なんで…なんで俺は大切な人を守れない!こんな想いをしないようにって、こんどこそ守るって誓ったのに!……どうして」

ピコンッ!

条件を達成。
スキルを獲得しました。

「異世界転生(仮題)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く