人外転生、いきなりテイム!? 〜黒の狼と白い少女と【強い】意味〜

カイリ

3話 黒い狼の戦闘と戦闘狂の少女

「はぁーい、セラです! 今はゴブリン討伐のために森の中にいまーす!」
『おい、何でギルドでの冒険者登録やクエスト受注を全カットなんだよ!』
「えーー、だって大抵のギルドの事は私たちより読者の方がわかってるしー、読者は戦闘狂が多いからいいかな? って思って」
『…はぁー、こんな感じだがこれからもよろしく頼むぜ』


 今、俺たちは黙々と森の中を歩いている途中だ。

ガサガサ

「うひゃ!」

 前方の茂みが不意に揺れる。セラは可愛い声で叫ぶ、俺は白眼のまま直立不動で思考だけが回っている状態だ……あの茂みやりおる。

 茂みから出てきたのは三体のゴブリン。身体は痩せ細く、肌が緑色になっている。片手には剣、もう片方には盾……どちらもボロボロだった。しかし奴の目は血走っておりとても好意的な態度だった。

 セラの額から、汗が頬を伝っていた。これから始まる命のやり取りに緊張しているのだろう。俺ことクロは逆に殺したくてうずうずしていた、俺は魔獣だからだろうか…戦闘には好意的だ。

『セラ、お前は少し下がって俺の援護』
「あい!」
『あいだぁ? ふざけるなら前線で戦ってもらうぞ?』
「はい、クロ!」

 綺麗に横一列に並んだゴブリンの右端の奴がこちらに襲いかかってくる。腕を大きく上にあげてドスドス音を立てながら走ってくる。

『【スラッシュ】!』

 俺は剣を振り上げて襲い掛かってくるゴブリンの両腕を切断…そして一瞬にして無くした両腕に未練タラタラのゴブリンの首元を……

「アグガァ」

 食いちぎる。

 首元、両腕をなくしたゴブリンは膝から崩れ落ち絶命した。

「ワフン(どやぁ)」

 俺が勝利の余韻に浸っていると、背後に影が出現した。ゴブリンの影だった。

(一体は何とかなるが二体はキツイな……ここは一撃受けることを覚悟に一体を殺す!)

 俺の背後から襲いかかる二人のゴブリン。俺は振り向き一体の心臓があるであろう胸の部分に標準を合わせて飛びかかる、その時。

「ギャギィ!」

 一体のゴブリンが光る。これをチャンスだと睨んだ俺はもう一体の胸を食いちぎる。

「ガブ!」
「ギ…」

 俺が食いちぎったゴブリンはその場で抜け殻のように崩れ落ち、絶命。
 光を放ったゴブリンは近くの木に寄りかかっていた、その身体は全身火傷。肉の焼ける香りが一瞬でその場の空気の匂いを侵略した。

「やった! 炎魔法できたよクロ!」
『そうゆう事か……だがなセラ、あの場合は俺に当たるきけn「褒めてくれないの?」初めてにしてはいい精度だったぞ』
「えへへ」///

 その場で喜ぶセラにダメ出しをしようとした…が、ひゅるひゅるとその場に崩れて上目+かわいいのせいですダメ出しできなかった。
 俺は座り込むセラの頭にお手のように頭を乗せて念話で褒めると、顔を赤くして喜んだ。

「フシュー(この子は世話がやける)」

 俺は呆れ顔でその場で伏せをする、するとセラが抱きついてきてさらに顔を赤する。

(赤くすんならやらんけらばいいのに。だがあの魔法……コイツ「セラ」…k「セラ」……セラの魔法センスは平均以上かもしれないな)

 すると、ばっと顔を上げたセラが一言

「もっと狩るよ!」
『はぁ?』

 セラはそう言い残してダッシュをしだした。俺はそれについていくように走る。

(コイツも十分戦闘狂だよなぁ……)

「人外転生、いきなりテイム!? 〜黒の狼と白い少女と【強い】意味〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く