話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ま、こんな戦争もあっていいのかな?

緋雨鸞華

プロローグ的な?

よく英雄物語とかラノベとかで主人公一人で何百何千って敵をボロボロになりながらナイフとハンドガンだけで全滅させるとかあるじゃん?
何故か俺が今その状況なのよ。
ホントにどうしてこうなった
(; ̄Д ̄)???
とりあえず状況だけ言うとだね敵の大体80人くらい俺一人でやっちゃったんよ。
・・・嘘だと思うけどナイフとハンドガンだけでね。分かるよ?嘘だって思うのは分かる。俺本人が今一番混乱してんだから。
右手に弾切れ寸前のハンドガン35式自動式拳銃、右手に刃渡り30cmのサバイバルナイフ(半分くらいに折れてる)持ちながら敵の大部隊倒したゃったのよ?俺
自慢かよってね。
とりあえず逃げないとヤバイから逃げるわ。
ん?こうなった経緯を話せ?ちょっと待ってね全線基地着いたら話すからさ。


よし、基地着いたね。
まぁ色々言いたいことあると思うけどとりあえず話聞いてよ。
ま、下らない話だけどね(笑)
王道な入り方するなら、そうだな。
あれは雪景色になり始めた11月後半の頃だったかな?

この戦争が始まったのは・・・


作者語り
適当すぎてほんと申し訳ないです(失笑)
それでも最後まで読んでいただけると嬉しいです。

これからももしよければお付き合いください(_ _)

「ま、こんな戦争もあっていいのかな?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

コメントを書く