Messiah

嘉禄(かろく)

Sometimes slyly



「…先に戻っていて、俺たちはまだやることがあるから」

衛がそう言ったのを聞きながら、俺は雛森さんから敵の反応位置を聞いていた。


『今レーダーを送った』
「…ばらけていますね、この中から探し出します」


俺たちの任務は神代万夜含めた3人のサクラの救助と細胞の流通元を探ること。
衛が言ったやる事とは、ここの人間からその情報を聞き出すことだ。

2人が去ったのを見て俺と衛は目を合わせてから奥に進んだ。

ここの情報は既に仕入れてある、どの人間が上層の人間なのかも分かっている。
あとはそいつを見つけるだけだ。


「…伊織、いた」
「やるか、衛」
「うん」


対象を視界に捉え、静かに近づき背後を取って組み敷いた。
余りにも呆気ない。


「…さて、吐いてもらうか」


俺たちは笑って怯える顔を見下ろした-



「Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く