Messiah

嘉禄(かろく)

Guardian of the moon



『天喜は俺が育てた最高傑作だ。
天喜は、俺と共に在ると誓った。
そうだろう、天喜?』
『…ああ、そうだね』



そうだ、僕は誓った。
二度とメサイアを失わない、僕が守るんだって。
絶対に一人にしない、隣にいるって。
なのに誰かが叫ぶ。
何故か知っている声。


『そいつは物じゃない!
月居天喜っていう、一人の人間だ!!!
俺が天喜を、人間にしたんだって…天喜が言ったんだ!
俺も天喜のおかげで人間になった…なのにまた人形に戻ってどーすんだよ!!!』


…僕が、人形?
僕が…?

その言葉によって、迷いが生まれる。
僕はどうすればいいのか。
僕は嘉織のおかげで強くなった。
でも、人間になれたのは…エレンのおかげ。

嘉織についていきたい。
エレンを一人にしたくない。

僕は二人の間で、引き裂かれそうになっていた-



「Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く