Messiah

嘉禄(かろく)

Empty container



双子の兄だけが、心の縁だった
それ以外には、俺は何も持っていなかった-


「…愛斗、それなに?」


任務から帰ってきて開口一番に、海斗は俺に問いかけた。
その目線の先には、黒い封筒があった。


「卒業ミッションだって」
「…開けようか」


海斗が封を切り、中身を取り出す。


「…人になりなさい?」


海斗が読み上げた内容に、俺は目を丸くした。
それは海斗も同様だった。


「どういうこと…?」
「…これから起こることに、何か関係があるのかな…」
「多分そうなんだろうけど…」


この時は全く想像もしていなかった。
チャーチが襲撃されることなんて-



「Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く