Messiah

嘉禄(かろく)

Soul not to disappear



-どちらかが倒れても、魂は消えない
    その魂を引き継ぐ者がいるから
    それが、メサイア


『かつてそう教えてくれた人がいたけど、まさかその人より先に死ぬことになるとはなー』


空から地上を見下ろす。
神だった僕でさえ、見たことのない景色。
こんな小さな星に、何億もの人々が住んでいる。
僕もいた星。
この景色を見ると、何とくだらないことをしていたかと思い知らされる。
それでも後悔はしていない。

守るべき命を、僕達は確かに守っていた。
そして残された者がこれからも守り続ける。


『僕がいなくなって潰れるようなタマじゃないでしょ、お前はさ。
僕の魂を引き継いだお前なら、きっと上手くやる…僕がメサイアじゃなくても。
思わせてやれ、新しいメサイアに。
守りたいって、隣に立ちたいって思わせてみろ…エレン』


僕はずっと見ている。
サクラのこと、お前のことを



「Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く