Messiah

嘉禄(かろく)

Dawn judging from two



俺は任務が終わり、久しぶりに休暇を与えられてチャーチのゲストルームに来た。
海斗は任務、暫く帰ってこないらしい。
まあ、ゲストルームでは百瀬さん以外のサクラは接触禁止なんだけど。
でもその代わりに、壁にはびっしりとメサイア同士の伝言が残されている。
俺はここに来て何かを残すことは無かった。
でも、ふと気が向いてペンを手に取り壁に文字を書いた。


『共に暁を知ろう
愛斗』


メッセージを書いてから誰か分かるように名前を書く。

このメッセージに込められた意味は二つ。
一つ目は文字通り、全てが終わったら海斗とこの世界の暁を見たいと思ったから。
そして二つ目は…卒業ミッションの存在。

先程あの人に任務終了を報告した時、休暇を言い渡されたあとに黒い封筒を渡された。


『メサイアが帰還し次第、二人だけで見てください』


あくまで俺の予想だけど、北方が絡むだろうと思ってる。


『暁を知らぬ者よ、暁を知れ』


サリュートが言っていた言葉、これは北方で伝わる合言葉のような物らしい。
つまりさっきのメッセージを解説すると、


『卒業ミッションを終えて、二人で世界の夜明けを見よう』


ということだ。
回りくどいと思われるかもしれないけど、これなら卒業ミッションのことを明記せずに海斗に伝えられる。
きっと海斗も休暇を与えられる、その時に見てくれればいち早く伝えられるし。
その休暇が終わったら、二人で中を見ればいい。


「…何が来ても、俺は生きて暁を見る。海斗と二人で」

「Messiah」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く